【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

リラックスすることも血めぐりに関係する?

Q

血めぐりをよくするためには、「身体を温める食べ物をとる」「軽い運動をする」「身体を外から温める」という3つの血めぐりケアが有効だといいます。
そのほか、リラックスすることで血めぐりがよくなることはあるのでしょうか?

(20代後半女性)

A
もちろんあります!
リラックスすれば副交感神経が優位になって、血めぐりはよくなります。

自分がリラックスできるようなことを積極的に取り入れて、血めぐりをよくしましょう。

たとえば、「見る」。
好きな絵でもいいし、映画でも景色でもいい。好きな色でもいいかもしれません。テレビ番組でも本当にリラックスできる、気持ちいいと思えるものなら何でもいいのです。

「聞く」なら、好きな音楽や自然の音。

「触る」は、ペットや子どもを抱くのもいいし、もちろん湯たんぽもいいでしょう。

そして「嗅ぐ」。
これは結構大切。好きな香りを嗅ぐアロマテラピーなどは効果的です。というのも、香りには毛細血管を拡張させ、血めぐりをよくしてくれるものがいろいろあるからです。

 

クラリセージ、ユーカリ、パイン(松)、ジュニパー、マージョラム、それからやはりジンジャーやブラックペッパーなどがいいでしょう。

  • 精神的な「落ち込み」が強いときは……グローブやラベンダー
  • 気持ちを「リフレッシュ」させるのは……ペパーミントやネロリ
  • 「緊張」が強いときは……ペパーミントやローリエ
  • 「ストレス」そのものには……ビターオレンジやローマンカモミール
  • 「眠れない」ときは……ラベンダー、ローマンカモミール、ネロリなど

などが、おすすめの香りです。

 

エッセンシャルオイルは、適当に混ぜてもいいのですが、質のよいものを使うようにしてください。
特に肌につける場合は注意が必要です。オイルをそのまま肌につけないよう、キャリアオイル(ホホバ油など)でエッセンシャルオイルを1%以下に希釈してください。柑橘系などは敏感肌には不適切かもしれませんので気をつけましょう。
お風呂にオイルを入れるのもおすすめです。
その場合は、お風呂に入る直5~6滴。洗顔に使うなら1滴くらいです。
ここに挙げたもの以外でも、自分の好きな香りがあればそれでもいいと思います。要は、リラックスして「気持ちいい~」と思えることならなんでもいいんです。

 

忙しい毎日を過ごしていても、1日の終わりにはこういったリラックスタイムをとるようにして、血めぐりをよくしていきましょう。

関連タグ

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2017年6月28日

    ウーマンウェルネス研究会 信濃毎日新聞株式会社長野本社「信濃毎日新聞」(連絡ノート ▼6割が梅雨時に不調 炭酸ガス入りの入浴剤を入れたぬるめのお湯にゆっくり浸かることを勧めている)

  • 2017年6月27日

    後藤英樹先生 ㈱光文社「女性自身」(温め&深呼吸で防げ!「夏ドライアイ」目の周りを温める)

最新記事