【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

血めぐりが悪いと身体はどうなる?

Q

初めてこのホームページを拝見して、血めぐりについて知りました。
そもそも血めぐりが悪いと、何か問題があるのでしょうか?

(20代女性)

A
いきなり基本的な質問がきましたね!
では、血めぐりの基本をおさらいしましょう。

まず、血液の成分と役割をみていきましょう。

  1. 赤血球
    酸素を局所に運ぶ。
  2. 血しょう
    血球以外の成分を指し、栄養素を局所に運ぶ。
  3. 血小板
    血を止めるときなどに働く。
  4. 白血球
    免疫担当。身体に侵入したウイルスや細菌を感知し、攻撃してくれる。

となっています。

 

ということは、血めぐりが悪くなると、この働きが全部うまくいかなくなるということ。
血液が身体のすみずみまで酸素を栄養素を運んでくれないと、酵素の合成や分解も起きなくなるので、代謝が落ちます。
そうすると、必要なものが作られず、不要なものを壊すこともできません。
つまり、どんな病気が起きてもおかしくないという状態になってしまうのです。

 

たとえば、感染症にかかったとしましょう。
血めぐりが悪いと、白血球がウイルスを退治しに行ってくれないということになります。さらにわかりやすくいうなら、ガン細胞ができたときに、血流が悪いと、それを白血球が食べに行ってくれない、ということ。
それくらい血めぐりは大切です。

人間は残念なことに、誰でも老いていきますし、それとともに自然と血管年齢も老いていきます。血めぐりは放っておくと、悪くなっていくものなのです。

 

でも生活の中で血めぐりケアを心がければ、加齢を遅くすることはできます。
これをアンチエイジングとはいわず、代わりに
ウェルエイジング(well-aging)
ヘルシーエイジング(healthy-aging)
といっていますが、健康な状態を維持し、保つことは充分可能なのです。

関連タグ

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2017年6月28日

    ウーマンウェルネス研究会 信濃毎日新聞株式会社長野本社「信濃毎日新聞」(連絡ノート ▼6割が梅雨時に不調 炭酸ガス入りの入浴剤を入れたぬるめのお湯にゆっくり浸かることを勧めている)

  • 2017年6月27日

    後藤英樹先生 ㈱光文社「女性自身」(温め&深呼吸で防げ!「夏ドライアイ」目の周りを温める)

最新記事