【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

顔がほてるのは血めぐりがいいから?

Q

暖房の効いている部屋にいると、顔がほてり真っ赤になってしまいます。
それなのに、手足の先はそれほど温かくありません。
顔だけが熱くなることはありますか?ここだけ血めぐりがよすぎるのでしょうか。

(20代後半女性)

A
顔だけ真っ赤になるのは、血めぐりが悪いから。
血液が全身をくまなくめぐっていれば、部分的にほてったり、冷えたりすることはないはずなんです。

血めぐりが悪い人の場合、ほとんどは下半身が冷えています。顔はほてるのに、手足は温かくない、というのはそのせい。
さらに、暖房のきいた部屋にいると、暖かい空気は上昇して、下に冷気がたまります。それで、余計に顔がほてって、足が寒いということになります。
ですから、部屋の空気を対流させるようにしましょう。
オフィスなどでできない場合は、暖房の温度は抑え気味にして下半身を湯たんぽ、温熱シートなどで温めるといいでしょう。

 

ほどよい湿度も必要です。加湿器も活用してください
人間の身体は、湿度が高いと、同じ温度でもより暖かく感じます。
これは、蒸気が出る温熱シートのほうが熱伝導が高い、ということからもわかるでしょう。
冬の風邪ウイルスは、冷たいところと乾燥したところに強く、湿度に弱いので、加湿器を使うことで風邪対策にもなります。

 

それからもちろん、日ごろから血めぐりをよくしておくことも大切です!

 「温かい食べ物・飲み物をとる」「軽い運動をする」「蒸気(スチーム)で温める」など、基本の血めぐりケアを心がけましょう。

関連タグ

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2018年4月25日

    ウーマンウェルネス研究会 ㈱日本経済新聞社「日経MJ」(寒暖差や新生活でストレス 白熱春バテ商戦 ホットアイマスクの需要高まる)

  • 2018年4月20日

    ウーマンウェルネス研究会 ㈱フジテレビジョン「とくダネ!」(あまダネ 1日の気温差10℃超「春バテ」に注意)

最新記事