【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

むくみを取るよい方法は?

Q

足などのむくみは「冷え」が原因と聞きました。
本などを読むと、適度な運動と水を飲みすぎないように、とありましたが、ふだんの生活で水分をとりすぎているとは思えません。
雑誌などでも「必要な水分は1日2リットル」などと書かれていますが、1日にとる水分の「適量」は、どの程度でしょうか?むくみを取るよい方法はありますか?

(30代女性)

A
むくみというのは、冷えにより、血流が滞って余剰な水分が部分的にたまってしまった状態です。足がむくんだら、足を高くして寝ればいいのですが、この方法だと、朝になったら顔がむくむこともあるので、あまりおすすめはできません。

むくみを本質的に取り去りたいなら、余剰な水分を外に出さなくてはなりません。

対処法は、ぬるめのお風呂にゆっくりつかること。
こうすると、内臓の血流が増えて、腎臓の血流と尿の量が増えることで、余剰水分が外に排出されていきます。
さらに、冷えをとることも大切ですから、お風呂からあがったらすぐに寝るようにしましょう

 

水分を出すという意味では、もちろん発汗も含まれます。
適度な運動もいいのですが、発汗は交感神経の働きによるもので、尿を出すということからいえば反対の効果になってしまいます。なぜなら、排尿は副交感神経の働きによるものだからです。

ですから、昼間は運動、夜はぬるめのお風呂、と分けて実践すれば、より効果的でしょう。

 

1日にとるべき水分量としては、2リットルは少し多いかもしれません。もちろん、腎移植手術を受けた場合は、これくらいの水分摂取量が必要ですが、一般的ではありません。
一般的な場合でいえば、尿の量でいうと1日に400ccを超えていないといけません。小さい牛乳パック1個分くらいの量になります。1日400ccが尿の量の最低ラインですから、水分も最低はこれくらいとらないと、代謝が負に傾いてしまいます。
発汗などでも水分が失われると考えると、摂取すべき水分量は、1日1リットルくらいでしょうか。

 

漢方医学では、水は「陰」になります。そう、「陰」と「陽」の「陰」です。
陰性のものを摂りすぎると、陽性のものとのバランスが悪くなってしまいます。また、水分のとりすぎは身体を冷やします。
もし、「以前はむくまなかったのに最近急にむくむようになった」という方は、一度お医者さんに診てもらった方がいいでしょう。
腎臓はもちろん、心臓や肝臓が悪い場合も身体がむくむことがあります。重大な疾患が隠れているかもしれませんから、気をつけましょう。

関連タグ

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2017年8月25日

    中村格子先生 (特)日本放送協会 NHK「ひるまえほっと」(アッ!と@ほっと 熱トレで夏太り解消)

  • 2017年8月13日

    福田千晶先生 ㈱毎日新聞社「毎日新聞(東京・札幌)」(福田千晶 暮らしの健美法 実は夏痩せの3倍も多い夏太り)

最新記事