【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

血めぐりをよくしてアンチエイジング?

Q

今年でちょうど30歳になります。
素敵に年を重ねていきたいと思っているのですが、「血めぐり」をよくすることはアンチエイジングにもつながるのでしょうか?
血めぐりが悪いと、老化も早くなってしまうのですか?

(20代後半女性)

A
血めぐりと老化はもちろん関係があります。
老化(エイジング)とは、酸化していくこと、つまり身体がサビていくこと。その「サビ」を防ぐためには、その酸化を抑えるようなこと(アンチエイジング)をすればいいというわけです。

老化、つまり「サビ」を防ぐためにはまず、活性酸素ができないようにすることが大切。体内にある酵素は、活性酸素を中和させる働きをしますが、
血めぐりのよしあしによって酵素活性は変わってしまうのです。
血めぐりが悪ければ、体温や局所の温度などに影響し、低体温になります。その場合、酵素活性も悪化します。酵素活性が悪化すると、つくりたい栄養分を作ることができず、不要なものを壊すこともできませんこの悪循環が、老化を早めてしまうのです。

 

また、老化というのは、代謝が落ちていくことでもあります。加齢によって代謝が落ちていくことを完全に止めることはできませんが、そのスピードを遅くすることはできます。そのために必要なのが、よい血めぐりによって代謝をよくすることなのです。
加齢を防ぐことをよく「アンチエイジング」といいますが、血めぐり的には

  • 「ウェル・エイジング(well-aging)」
  • 「ヘルシー・エイジング(healthy-aging)」

という言葉のほうがピッタリくるかもしれません。

 

年をとるのは、誰にも止められないこと。
ですから、シミひとつとか、シワひとつに対して神経質になるよりも、健康的に年を重ねていくということを目指したほうがいいのではないでしょうか。
もちろん、若々しく見えたほうがうれしいもの。そのためには、日ごろからの血めぐりケアで酵素活性をよくし、なるべく元気でいようという心がけが大切なのです。

本当は成長が止まった頃、つまり20歳くらいのときから、身体のことをこのように考えていくほうがいいのですが、もちろん、いつ始めても遅いということはありません。30歳からでも40歳からでも、血めぐりケアは、やらないよりやったほうが絶対いいんです!
さあ、元気に美しく、年齢を重ねていきましょう!

関連タグ

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2017年10月4日

    ウーマンウェルネス研究会 大分朝日放送㈱「スーパーJチャンネルおおいた」(イチオシ! 冬を前に“秋バテ解消” あったかグッズ これからの時期はお風呂でリラックス)

  • 2017年10月2日

    福田千晶先生 ㈱日経BP「日経ヘルス」(凝りをゆるめる血流アップ術 凝りを感じる部位を直接温める)

最新記事