【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

マッサージしても目の下のクマが治らない!

Q

顔のマッサージをすると気持ちいいのですが、目の下にあるクマがなかなかなくなりません。
マッサージだけでなく、顔に蒸しタオルをあてると治りますか? もっと血めぐりをよくしなければいけないのでしょうか?

(30代女性)

A
はい、おっしゃるとおりです。
目の下のクマは西洋医学的には説明があまりつかないのですが、漢方医学的には「瘀血(おけつ)」をあらわす症状の1つなんです。

「瘀血」とは、血の流れが滞った状態。
まさしく血めぐりの悪さが原因です。

ですから、蒸しタオルなどで温めることはもちろん、血めぐりを改善させるような生活習慣を心がけることが大切。そうやって、全身の血めぐりをよくしていくと、目の下のクマもだんだんと薄くなっていきます。

 

漢方薬も効果はあります。
生理痛を訴えている人に、「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」に「附子末(ぶしまつ)」を加えたものを処方したところ、約2カ月後、なんとクマが取れたのです。

実は「桂枝茯苓丸」は血めぐり改善薬(駆瘀血薬)の代表的存在。「附子末」は熱を加えて毒性成分をなくしたトリカブトで、身体を温めて血めぐりをよくする効果があります。体質によっては、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」を用いてもよいでしょう。
顔の血めぐりをよくするという意味では、顔のマッサージもおすすめです。自己流でもかまいませんからお風呂などでやってみましょう。

 

マッサージ同様、顔の体操も効果的です。演劇などの発声練習で「ア・エ・イ・ウ・エ・オ・ア・オ」というのを見たことがあるでしょう。口をはっきり動かして毎日この発声練習をやると、顔の筋肉が鍛えられ、血めぐりもよくなります。

また、空のペットボトルをペコンとなるまで思い切り吸い込む、これだけでも口筋を鍛えることができます。口筋を鍛えれば、気になる首のたるみや二重アゴも予防できます。まさに一石二鳥の口筋ケアといえるでしょう。

 

血めぐりケアのコツは、あまりお金をかけずにかんたんに、しかもできることからやること! だからこそ、長続きさせることができるのです。

発声練習なんてそれこそ、どこででも、しかもタダでやることができるのですから、ぜひともトライしてみてください!
ただし、オフィスなどでやるときは、周りをびっくりさせないよう、声を出さずに口の動きだけにすることをおすすめします!

関連タグ

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2017年6月28日

    ウーマンウェルネス研究会 信濃毎日新聞株式会社長野本社「信濃毎日新聞」(連絡ノート ▼6割が梅雨時に不調 炭酸ガス入りの入浴剤を入れたぬるめのお湯にゆっくり浸かることを勧めている)

  • 2017年6月27日

    後藤英樹先生 ㈱光文社「女性自身」(温め&深呼吸で防げ!「夏ドライアイ」目の周りを温める)

最新記事