女性のライフステージに合わせた心と体の健康情報

対馬 ルリ子先生

代表

【現職】
対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座院長
産婦人科医、医学博士
専門は周産期学、ウィミンズヘルス

【経歴】
1984年、弘前大学医学部卒業後、東京大学医学部産婦人科学教室助手、都立墨東病院周産期センター産婦人科医長などを経て、2002年にウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック(現 対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座)を開院、院長を務める。2003年には女性の心と体、社会とのかかわりを総合的に捉え、健康維持を助ける医療(女性外来)をすすめる会「NPO法人 女性医療ネットワーク」を設立。理事長として、全国450名の女性医師・女性医療者と連携して積極的に活動しているほか、女性の生涯にわたる健康のためにさまざまな情報提供、啓発活動を行っている。現在、東京大学医学部大学院非常勤講師(母子保健)

ウーマンウェルネス研究会 代表
対馬ルリ子先生からのメッセージ

単に健康であるだけではなく、輝くように生き生きしている状態を「ウェルネス(Wellness)*」と定義づけられていますが、私は、若い頃から「女性のウェルネス」をテーマに仕事をしたいと思っていました。

実際にスタートしたのは今から15年程前のこと。海外の進んだウィメンズヘルスの実態を見て、目が開かれる思いがしました。その頃日本では、まだほとんどその重要性が認識されていませんでした。でも、まずは身近なところからやってみようと取り組み始めました。

その間、女性の社会進出がさらに進み、「仕事もやっていきたい、家族も形成したい」という女性たちが増え、同時に社会の中での存在感も増してきています。
そして今、私は「これから日本も急速に変わってくる」という確信を持っています。

「ウーマンウェルネス研究会」が、このようなタイミングで設立されたことに、深い意味と意義を感じます。

女性が健康で、心身ともに充実し、生き生きとした世の中は、子ども、お年寄り、もちろん男性にとっても生きやすい社会です。なぜなら、女性は自分の周りの人たちも「よい状態にしたい」と積極的に動くからです。女性が心身ともに健康で過ごせれば、周囲の人々、そして社会全体のウェルネスにもつながります。

そのためには、まず、女性が自分自身の“本当によい状態=ウェルネス”を知り、実現させることが大変重要です。

女性には、4つのライフステージ「思春期」「成熟期」「更年期」「老年期」があり、ここには女性ホルモンの力が働いています。ステージごとに、特有のさまざまな不調が現れても、正しい知識を持ち、解決策を知っていれば、上手にケアしていくことができます。

「ウーマンウェルネス研究会」では、私たち医師や専門家が、公式サイト「ウェルラボ」やメディアへの発信を通じて、健康情報を提供し、“ウーマンウェルネス”を力強くサポートしていきます。

日本は世界一長寿で健康、世界一清潔で、世界一粘り強く勤勉、と世界から評価されています。それに「女性が健康で活躍できる国」が加わると、本当に素晴らしいのではないでしょうか。

基本的に女性ホルモンの力は明るく、包容力のあるもの。人とのコミュニケーション、つながりを持とうとするパワーがあります。この明るいパワーを活かし、「ウーマンウェルネス研究会」の情報を利用して、今を生きる女性たちが、それぞれの人生をもっともっと充実させ、さらに輝かせることを願っています。

* WHO(世界保健機関)では、「健康」を「単に病気でないだけではなく、身体、精神、社会的にも満たされ、自分に適合した最高のライフスタイルを築き、充実した人生を目指す積極的な生き方=Well-being(ウェルビーイング)」と定義していますが、1961年、公衆衛生医であったハルバート・ダン博士が、ウェルビーイングをさらに積極的に解釈して、輝くように生き生きしている状態を「ウェルネス(Wellness)」と定義づけました。

 

【この先生のコラムを読む】

連載①【対馬ルリ子先生】一生涯、元気で美しく、自分らしく生きるために ~女性のライフステージ別 健康課題と対策

連載②【対馬ルリ子先生】一生涯、元気で美しく、自分らしく生きるために ~女性のライフステージ別 健康課題と対策

連載③【対馬ルリ子先生】一生涯、元気で美しく、自分らしく生きるために ~女性のライフステージ別 健康課題と対策

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2016年9月30日

    川嶋朗先生 読売新聞社「読売新聞(東京・大阪)」(シニア 疲れとれぬ・・・秋バテ注意)

  • 2016年9月19日

    ウーマンウェルネス研究会 テレビ宮崎「スーパーニュース Reらいふ」(今のうちから対策を「秋バテ」対処法)