女性のライフステージに合わせた心と体の健康情報

からだケアレシピ

2014年10月22日

秋・冬の乾燥肌対策。お手入れのコツは入浴時のケア

479380455

秋は湿度も気温も下がり、肌が乾燥しやすい!

さわやかな季節となりましたが、それも束の間。秋から冬にかけて、カサつきやかゆみなど、肌の乾燥に悩む人の数が急増します。そこで今回は、花王株式会社スキンケア研究所の主席研究員、石田耕一氏に、乾燥肌の対策方法についてお伺いしました。

肌の美しさを保つ最適湿度は50~60%といわれ、それ以下になると肌が乾燥し、肌あれや小ジワの原因になります。また、最適温度は21~23℃といわれますが、それ以下になると血行の悪化や肌あれ、くすみを引き起こしかねません」と石田氏は指摘します。
湿度は10月を過ぎた頃から低下していきます。さらに気温が下がり、密閉された室内で暖房を使用することが増える秋から冬にかけては、1年のうちでもとくに肌が乾燥しやすい時期といえます。

【東京は年々乾燥が進んでいる!?】
1964年から2013年の約50年間で、東京都の相対湿度の月平均値は年平均7ポイント低下しています。1964年の年平均の相対湿度68%に対し、2013年は61%まで下がっています。
近年は冬の湿度が40%台まで低下することもあり、最適湿度の50~60%を大きく下回っています。

dryskin2

相対湿度とは?

一般的に、湿度といえば相対湿度のことをいいます。ある温度で空気中に含むことができる最大限の水分量(飽和水蒸気量)に比べ、どの程度の水分(水蒸気)を含んでいるかを示します。

湿度の低下に反比例し、「乾燥肌」に対する関心は高まっています。GoogleのWeb検索で「乾燥肌」が検索された数を調べてみると、10~12月の「乾燥肌」の検索数は、2009年以降、毎年増加し続けています。

dryskin1

湿度が下がり、乾燥が進んでいる状況に対し、石田氏は次のように指摘します。「自然要因に加え、密閉性の高い室内で年中エアコンを使用するという現代の住環境も、乾燥を引き起こす大きな原因となっています」

若い女性に多い「乾燥性敏感肌」

肌表面の性質で分けると、肌のタイプは「乾燥肌」「脂性肌」「混合肌」の3種類に分けらます。さらに、それぞれのタイプに敏感肌の人がいます。中でも日本人に多いのが「乾燥性敏感肌」。敏感肌というのは、いろいろな因子に皮膚が過剰に反応して、チクチクする、つっぱる、皮膚がほてるなどの感覚がある状態をいいます。
「乾燥性敏感肌は若い女性に多くみられます。乾燥、急激な温度・湿度の変化などの環境因子や化粧品・汗・香水などの局所因子に加え、生活習慣によっても起こり、睡眠不足やストレス、刺激の強い食べ物は、身体の内側から肌にダメージを与えます」乾燥性敏感肌の人は角層のバリア機能が低下し、さまざまな刺激に反応してしまうのです。

その症状、実は乾燥性敏感肌かも?
チェックシートで確認してみましょう。

1つでもあてはまると、乾燥性敏感肌の可能性があります。
□ひたいやほおに髪があたると気になる
□肌あれやカサつきなどのトラブルを繰り返す
□日光にあたるとすぐに赤くなる
□服の首まわりやタグが肌にあたるのが気になる
□足のすねや腰まわりがカサつくのが気になる
□フケ・かゆみ・乾燥などの頭皮トラブルがある

乾燥性敏感肌の正しいケア方法

乾燥性敏感肌の方は、肌の必須成分である「セラミド」のケアが欠かせません。ポイントは、セラミドを守りながら洗い、セラミドの働きを補うこと。
今回は、生活の中でもっともセラミドを肌から失いやすい入浴時のケア方法をご紹介します。入浴時はセラミドが逃げやすくなる一方で、保湿ケアのチャンスでもあります。正しいセラミドケアで乾燥を防ぎましょう。

・入浴の温度は38℃~40℃が目安です。熱いお湯に長時間つかるのは避けましょう。
入浴剤は保湿効果のあるもの、とくに「セラミド機能成分」配合の入浴剤がおすすめです。入浴の最後にかけ湯として使ってもいいでしょう。
洗浄剤は肌にやさしく、セラミドを溶出させにくいものを選ぶこと。弱酸性のものを選ぶと安心です。敏感肌の人は石鹸の使用を避けましょう。
・洗浄剤をたっぷりと泡立てて、ナイロン製のアカスリやボディブラシは使わず、コットン素材のタオルなどで洗いましょう。道具を使わずに手でやさしく洗うこともおすすめします。
手や足の先から身体の中心へ向かって、泡をクッションにしながら大きな螺旋を描くように洗いましょう。ただし、洗いすぎは禁物です。
身体は入浴後15分以内に、乳液やクリーム等で保湿しましょう。 顔は洗顔後、つっぱり感を感じ始める5分以内に化粧水をつけ、乳液やクリーム等でしっかり保湿することが大切です。乳液やクリームは、「セラミド機能成分」配合のものが効果的です。

>>乾燥・肌あれを防ぐ!驚きの「セラミド」の働き

監修:石田耕一氏

写真:Thinkstock / Getty Images

関連の悩み別記事を見る

スキンケア

ドライシンドローム

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2016年5月30日

    川嶋朗先生 テレビ朝日「スーパーJチャンネル」(異変「梅雨だる」ご注意)

  • 2016年5月27日

    福田千晶先生 リクルートホールディングス「ホットペッパーBeauty/銀座・新橋・上野版」(香りで心リラックス 梅雨ユウウツを癒す、“アロマ”効果)

最新記事