女性のライフステージに合わせた心と体の健康情報

からだケアレシピ

2014年10月15日

あなたの目、乾いてない?増えるドライアイの対策術とは

179246062

最近、涙の分泌量が減ったり、涙の成分が変化することで目が乾いてしまうドライアイに悩む人が増えているといわれています。そこで、今回は眼科医の後藤英樹先生に、現代人を悩ますドライアイの対策法をお聞きしました。

増えるドライアイ、その原因は?

「ある調査によると、ドライアイに悩む方は2200万人いるといわれ、1995年の約3倍近くにものぼります。増加の原因として、パソコンやスマートフォンの使用など、目に負担がかかる生活があげられます」

と後藤先生は指摘します。

この新しい生活習慣に関わるドライアイは、「現代型ドライアイ」といえます。目の疲れがなかなか抜けない眼精疲労も同時に起こることが多く、目の休息やリフレッシュをすることが重要です。

「もともと、ドライアイを訴える方は一定数いました。1995年には800万人がドライアイに悩んでいたというデータがあります。これらの症状を引き起こすのは“加齢”。歳をとることで涙の分泌量が減るからです。涙の分泌は女性ホルモンに関連することから、ドライアイは女性ホルモンが減少してくる40~50代以上の女性に多くみられました
最近では、パソコンやスマートフォンの使用が増加し、目を酷使することで起こる現代型ドライアイが増えています。従来のドライアイは更年期以降の女性が多かったのに対し、現代型ドライアイは年齢や性別を問わず、むしろ若い世代にも多くみられるのが特徴です。さらに、コンタクトレンズの使用や、気密性が高く1年中エアコンを使用して乾燥しやすいオフィスや住環境、ストレスや不規則な生活もドライアイを引き起こす可能性があります。

対策は目もと温めと目のストレッチ

では、ドライアイを予防するにはどうすればいいのか、後藤先生に教えていただきました。

「大切なのはセルフケア。目もとを温めるなどのちょっとした工夫と習慣で、ある程度予防したり症状を和らげたりすることができます」

1.約40度の蒸しタオルで10分程度目もとを温める

dryeye2.1時間パソコン作業を続けたら10分間休憩する

3.パソコンやテレビの画面の位置は目線よりも下にする

4.ドライアイ対策用のメガネを使う

5.部屋の湿度に気をつける

6.目のストレッチを行う(図参照)

【「ギューパッ」ストレッチ 】
意識的にまばたきをすることも大切です。おすすめは、まぶたにギュッと力をいれ、パッと力を抜くというストレッチです。2~3秒間力をいれ、1~2秒間緩めるというリズムで、数回行いましょう涙腺が刺激され、目にうるおいを与える効果があります。
☆やり方1
eye11.まぶたに力をこめる          
2.まぶたの力を緩める

☆やり方2
eye2
1.目をギューッと閉じる        
2.目を大きく見開く

出典:『目の疲れがとれる!Dr.後藤のかんたん「温めストレッチ」』/かんき出版/後藤英樹

>>原因はパソコン&スマホ!現代人に多いドライアイ

監修:後藤英樹先生

写真:Thinkstock / Getty Images

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2016年9月30日

    川嶋朗先生 読売新聞社「読売新聞(東京・大阪)」(シニア 疲れとれぬ・・・秋バテ注意)

  • 2016年9月19日

    ウーマンウェルネス研究会 テレビ宮崎「スーパーニュース Reらいふ」(今のうちから対策を「秋バテ」対処法)

最新記事