【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

心と身体のキホン

2014年12月10日

女性を悩ます肩こり&首こりの原因

監修:医師、医学博士、健康科学アドバイザー 福田 千晶先生

ヒトの頭部は約5キロの重さがあります。それを常に支えているため、首から肩にかけての筋肉に疲労がたまり、肩や首がこりやすいといわれています。また、女性は男性に比べて首が細いため、男性よりも肩や首にかかる負担が大きく、こりに悩まされる人が多いようです。
今回は、肩こりと首こりのメカニズムについて知りましょう。

女性に肩こりが多いワケ

実際にどのくらいの割合の女性が、こりを感じているのでしょうか? 2014年7月に実施した「肩こり・首こりに関する調査」によると、肩と首のこりを経験している女性の割合は、男性の約1.5倍ということがわかりました。
とくに、仕事や子育てに忙しい30代、40代女性の8割近くが肩こりを、6割強が首こりを感じていることが明らかになりました。

【肩こり・首こり経験(1年以内)】
肩こり
肩コリ
首こり
首コリ
※調査概要
調査方法 : WEB調査(花王調べ)
調査期間 : 2014年7月
調査対象 : 全国の20歳~69歳の男女各1000人
調査内容 : 肩こり・首こりに関する意識調査

では、なぜ女性は肩や首がこりやすいのでしょうか?

① 肩や首の筋肉量が少なく負担が大きい
男性に比べて少ない筋力で重い頭を支えていることで、より筋肉に負担がかかり緊張状態が生じます。
「筋肉が緊張」→「筋肉が固くなる」→「血管が圧迫される」→「血流が悪化」→「疲労物質がたまり老廃物が排出しにくくなる」→「肩こり・首こり」
② 冷え性(冷え症)になりやすい
女性は筋肉が少なく、冷え体質の人が多いといわれます。
「冷える」→「血流が悪化」→「疲労物質がたまり老廃物を排出しにくくなる」→「肩こり・首こり」
③ 肩に負担がかかる体型と生活
胸の重みを支えるために、女性の肩には男性以上の負担がかかっています。また、合わないサイズのブラジャーや身体を締め付ける服も血流を悪化させる原因となります。パソコン作業など長時間同じ姿勢で仕事をしている方や、子どもを抱きかかえることの多い子育て中の方など、女性の暮らしには肩こり・首こりのリスクがたくさんあるといえます。

女性の荷物は男性の2倍の重さ!? 肩こり、腰痛の解消法
女性の荷物は男性の2倍の重さ!?肩こり、腰痛の解消法

あなたは大丈夫? 肩こりを招く生活習慣チェック

肩こり・首こりは生活習慣と大きく関わっています。肩や首の筋肉の疲労の背景には、もともとの骨格や筋肉の性質に加え、血流を悪くするような習慣の積み重ねや季節要因が考えられます。首こり・肩こりを招きやすい生活習慣として、直接肩や首に負担をかけるもの、身体のゆがみをもたらすもの、こりにつながる冷えや血流悪化のもとになるものなどがあります。下記の項目に1つでも当てはまる方は、肩こり・首こりの予防を心がけましょう。

  • □ 姿勢が悪い
  • □ 同じ姿勢を続けることが多い
  • □ 目が疲れる作業が多い
  • □ ほとんど運動をしない
  • □ 身体が冷えやすい
  • □ 歯を噛みしめるくせがある
  • □ 緊張しやすい
  • □ ストレスが多い

157765310
冬のぎっくり腰に要注意!腰痛・肩こり・首こり解消のカギは温活にあり
181760375-1
肩こり・首こりと体型やファッションとの意外な関係!?その解消法とは?
201710_01_tokusyu_01
[首温活のすすめ]冷え・疲れ解消は「首」の温めが効果的

関連の悩み別記事を見る

温活

肩こり・首こり・腰痛

血めぐり

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2018年3月28日

    中村格子先生 ㈱集英社「MORE」(今すぐリセット!!骨盤&むくみ 入浴やひざ下のマッサージでめぐりをよくする)

  • 2018年3月18日

    川嶋朗先生 中部日本放送㈱「健康カプセル!ゲンキの時間」(春の不調の真犯人!寒暖差疲労を撃退!目もとをホットタオルで温める)

最新記事