女性のライフステージに合わせた心と体の健康情報

特集

2015年5月13日

梅雨の3大ストレス「だるさ」「肩こり」「疲労感」の解消法

ThinkstockPhotos-524129903 (1)

雨続きの天候や気圧の変化により、梅雨時期にはだるさや疲れを感じやすくなります。この時期特有の不調について、女性の健康とライフスタイルに詳しい健康科学アドバイザーの福田千晶先生にお伺いしました。

梅雨ストレスによる不調=「梅雨だる」とは?

首都圏在住の20~50代の女性を対象に、梅雨時期の過ごし方に関する意識調査を行ったところ、7割以上(73.2%)の人が身体や精神面で何らかの不調を抱えていることがわかりました(グラフ①)。

【グラフ①】

910f324308e342823a5b4354f35b084b

また、1年の中で不調を感じる人が多い月は「3月」(24.2%)と「6月」(23.8%)で、40代の女性を除くと「6月」に最も多くの人が不調を感じていることがわかりました。

不調の内容としては、「だるい」(44.1%)、「肩こり」 (41.8%)、「疲労感」(32.2%)、「憂鬱な気分になる」(28.0%)、「やる気がしない」(23.2%)といった症状があげられ(グラフ②)、身体の不調だけでなく、精神面の不調もあらわれることが明らかになりました。また、室内で過ごす機会が増えるこの時期、家の中でリフレッシュできる場所を聞いたところ、「リビング」(26.6%)、「浴室」(19.5%)、「寝室」(15.8%)という結果になりました。

【グラフ②】
15lplp (2)

<調査概要>
調査方法 : インターネット調査
(調査実施機関 株式会社ジャストシステム)
調査期間 : 2015年3月
調査対象 : 首都圏在住の20~59歳の女性425名
調査内容 : 梅雨時期の意識調査

梅雨時期特有のストレスによる不調=「梅雨だる」について、解決のためのアドバイスを福田先生にいただきました。

「雨が多くて憂鬱なイメージが強い梅雨時期は、年度始めの4月、祝日に伴うイベントが多い5月が終わった後にゆっくりと休息する時期と捉えましょう。梅雨明けとともにはじまる夏に向けて、自分自身の体調を見直し、早めに不調のサインに気づくことが大切です」

「梅雨だる」の症状とは?

梅雨だるの症状は、倦怠感、頭痛、生理痛、腰痛、肩こり、便秘や下痢などの胃腸障害、膀胱炎、肌トラブル、憂鬱感などさまざまな形であらわれ、人によっても異なります。また、普段からトラブルがでやすい箇所に症状があらわれやすくなりますが、深刻度合いが毎年同じとは限らないため、注意が必要です。

「梅雨だる」の原因は?

梅雨時期は、気圧、湿度、気温など、あらゆる気象条件がめまぐるしく変わります。そのため、体調をコントロールする自律神経の働きが乱れやすくなり、不調につながります。また、エアコンを使いはじめる時期でもありますが、身体や衣服が濡れた状態でエアコンにあたると、身体が冷えることも。このような梅雨ストレスが重なり、「梅雨だる」を感じる人が増えるのです。

>>梅雨の時期に身体がだるいワケとは?

1_3

>>色白の女性は要注意!?梅雨だるになりやすいタイプとは?

「梅雨だる」はいつまで続く?

「梅雨だる」が解消されるかどうかは、その人の環境への対応力によって異なります。大切なのは、変化にうまく順応し、症状を夏まで持ち越さないこと。「梅雨だる」を上手に解消できる人は夏バテもうまく解消できます。そのまま放置すると、夏バテや夏風邪が重症化したり、熱中症になったりする危険性もあります。

「梅雨だる」解消に効果的!3つのリフレッシュ術

「梅雨だる」の症状を感じたら、「リビング」「浴室」「寝室」でかんたんにできるリフレッシュ術を試してみましょう。

① リビングにプラス! 【気分に合わせた香りと色】

湿度が高い梅雨時期は、家の中に匂いがこもりがち。そんなときは、お気に入りの香りのキャンドルやルームスプレーを使ってリラックスしましょう。おすすめはミントやレモングラスなどのすっきり系の香りですが、大切なのは自分が心地よいと感じる香りを選ぶこと。また、クッションやタオルの色を変えてみるのも効果的です。家の中で静かに過ごしたいときは寒色系の色、アクティブに過ごしたいときには暖色系の色に変えてみましょう。

② バスルームにプラス!【リフレッシュ効果の高い炭酸パワー】

梅雨時期に取り入れたいのが「炭酸入浴」。炭酸入浴剤を入れた湯船にゆったりつかることで、毛細血管が刺激されて血流が促進され、梅雨特有のだるさやこりがやわらぎます。炭酸なら、ぬるめのお湯でも入浴効果が高まり血流も促進されるので、暑い日はお湯の温度は38℃程度に設定すればOKです。また、爽快感が得られるメントール入りの炭酸入浴剤もおすすめです。

「炭酸入浴」の継続により疲労回復力が高まる調査結果

疲れを感じている女性を対象に調査を実施。2週間炭酸入浴を継続したところ、調査前に比べて、大幅に疲労が軽減するという結果になりました。

*継続的な炭酸入浴が自律神経に働きかけ、身体疲労や精神疲労を軽減(グラフ①②)

*“全身が重い”“やる気が出ない”などの症状が軽減した人が増加(グラフ③④)

 

〈花王調べ〉

2※疲労度合いをポイント換算し、1週、2週での推移を解析

 

 

3 (1)

※0週段階(調査前)で症状を感じている人を対象とし、1週、2週での推移を解析

③ 寝室にプラス!【就寝前にスチームで目もとを温める】

だるさや疲れを感じた日は、おやすみ前に蒸気が出るタイプのアイマスクや蒸しタオルで目もとを温めといいでしょう。副交感神経が優位になってリラックスできるうえ、血めぐりがよくなり目の疲れも解消されます。寝苦しいときは、メントール入りアイマスクが、リフレッシュできておすすめです。また、汗をかきやすい季節でもあるので、吸水性が高く、肌に刺激が少なく、洗いやすい素材の寝具を選びましょう。

>>シルクの下着が有効!?梅雨だるの意外な解消法

>>快眠&やる気アップに効果的!梅雨のだるさを解消するお風呂の入り方

監修:福田千晶先生

写真:Thinkstock/Getty Images

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2016年11月28日

    渡邉賀子先生 宝島社「GLOW」(冬の4大不調を解決します!冷え対策や血めぐりアップの方法を紹介)

  • 2016年11月19日

    ウーマンウェルネス研究会 TBSテレビ「報道LIVE あさチャン!サタデー」(気象情報 寒暖差疲労とは…気温差がもたらす疲労と温活術を紹介)

最新記事