女性のライフステージに合わせた心と体の健康情報

からだケアレシピ

2015年5月13日

快眠&やる気アップに効果的!梅雨のだるさを解消するお風呂の入り方

ThinkstockPhotos-78652786

気温も湿度も上がる梅雨の時期は、入浴がおっくうになり、シャワーだけですませてしまいがち。とはいえ、この時期特有のだるさを解消するためには、入浴は欠かせません。暑い時期ならではのおすすめの入浴法を、朝と夜に分けてご紹介します。

夜ぐっすり眠るための入浴法

この時期、エアコンなどの利用によって、身体は意外と冷えているものです。そんなときは、38℃くらいのぬるめのお湯での炭酸入浴がおすすめです。炭酸の入浴剤なら、ぬるめのお湯でも血流が促進されるので、冷えが解消されます。さらに、自律神経が整ってリラックス効果も得られます。炭酸の入浴剤は、爽快感のあるメントール配合のものを選びましょう。入浴後のほてり感がやわらぎ、気持ちよく眠ることができます。

>>梅雨の時期に身体がだるいワケとは?

朝のやる気をアップさせる入浴法

朝、身体や気持ちがシャキッとしないときやだるいときにおすすめなのは入浴です。そんなときは、ふだんより少し高めの41℃くらいのお湯に短時間つかったり、42℃くらいの熱めのシャワーをさっと浴びたりして、交感神経を刺激しましょう

梅雨の時期はむくみやすい!?

梅雨の時期の女性のファッションは、夏を先取りしています。そのため、サンダルを履いたり生足を出したりすることが多く、当然下半身は冷えてむくみがちに。一方で、雨が降ればレインブーツを履く機会が増えますが、そうすると足が締め付けられて、やはりむくみがちになります。 むくみの対処法は湯船につかること。お湯につかることで身体が温められ、血行がよくなります。同時に、水圧によって足にたまった水分(血液やリンパ液など)が心臓に戻されるので、むくみが解消されるのです。 むくみの予防法は、なんといっても身体を冷やさないことですが、ファッションを優先したいのなら、日中にこまめに歩くといいでしょう。

>>シルクの下着が有効!?梅雨だるの意外な解消法

>>色白の女性は要注意!?梅雨だるになりやすいタイプとは?

監修:福田千晶先生

写真:Thinkstock/Getty Images

梅雨だる予報

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2016年6月23日

    ウーマンウェルネス研究会 講談社「VOCE」(夏こそ!あっため美容 夏冷え予防お助けアイテム9 入浴剤)

  • 2016年6月16日

    川嶋朗先生 小学館「女性セブン」(「肩が凝る」「やる気が出ない」「イライラする」-その不調、コレが原因かも「梅雨だる」にご用心!)

最新記事