女性のライフステージに合わせた心と体の健康情報

からだケアレシピ

2015年10月14日

当てはまる人は要注意!代謝が低い人の特徴とは?

当てはまる人は要注意!代謝が低い人の特徴とは?

すぐに疲れてしまう、体温が低い……思いあたる点はありますか? 代謝が低い人の特徴をチェックし、代謝アップのコツを学びましょう。

いくつ当てはまる?代謝が低い人の特徴

当てはまるものにチェックしてみましょう。

  • □ 朝食を抜くことが多い
  • □ 好き嫌いが多い
  • □ 甘いものが大好き
  • □ 人より歩くのが遅い
  • □ 子どもの頃から運動が苦手
  • □ 手足が冷たい
  • □ 寒いのが苦手
  • □ 体温が低め。平熱35℃台だ
  • □ 朝起きるのが苦手
  • □ 顔色が悪いと言われることがある

あてはまる項目が多いほど、代謝が低い可能性があります。これらの特徴が代謝の低さにつながる理由は、生活習慣の乱れや一過性のダイエット法などにより、筋肉量が少なくなっていると考えられるからです。

>>知っておきたい代謝の仕組み

代謝アップのコツとは?

代謝をアップする方法は、大きく分けて次の3つが有効です。

① かんたんな運動(筋トレ)

太ももや背中、ふくらはぎなど、身体の中でも大きな筋肉を鍛えることで、効率よく筋肉量を増やし代謝を上げることができます。

おすすめは、ももの付け根の筋肉「腸腰筋(ちょうようきん)」をしっかり使うエクササイズ。家の中で簡単にでき、じんわりと汗が出て身体が温まります。

注意点は、姿勢を前かがみにせずにまっすぐに保つこと。姿勢を保つ「脊柱起立筋(せきちゅうきつりつきん)」を鍛えることも代謝アップにつながります。

ももの付け根の筋肉「腸腰筋(ちょうようきん)」をしっかり使うエクササイズ

    1. 右足で立って両手を横に伸ばす。左ももを引き上げてひざを高く上げ、右ひじを曲げて左ひざにつける。
    2. 次に左足で立って1と同様に行う。

ももの付け根の筋肉「腸腰筋(ちょうようきん)」をしっかり使うエクササイズ

  1. 左ももを引き上げてひざを高く上げ、右の手のひらを左のうちくるぶしにつける。
  2. 次に右ももを引き上げて、3と同様に行う。
  3. 1~4をまずはそれぞれ30秒間、慣れてきたらそれぞれ1分間続ける。

② 茶カテキンをとる

緑茶に代表される茶葉に含まれるポリフェノール成分「茶カテキン」を継続的に摂取すると、代謝が上がり、脂肪を燃焼する働きが高まります。また、茶カテキンを摂取すことで、最近話題の“やせる細胞”、「褐色脂肪細胞」の活性が高まり、太りにくい体質になることも報告されています。効率的に茶カテキンをとるためには、急須で淹れた緑茶を飲むか、茶カテキンを豊富に含んだ特定保健用食品を利用するといいでしょう。

③ 冷えを防ぐ

身体を温めることも代謝アップにつながります。入浴やマッサージなどの「温活」で冷えを解消し、代謝を上げましょう。

  • 入浴:水圧と温熱効果で、血流やリンパの流れが促進され、体中が温まる。炭酸ガス入りの入浴剤を使うとより効果的(囲み参照)
  • マッサージ:足先や指先をマッサージして、血流やリンパの流れを促進
  • 温め:ホットタオルや温熱シートで、冷えた部位や疲れの気になる部位を温めると血流が促進される

>>よく噛んで食べる&茶カテキンがカギ!代謝アップの3つの方法

炭酸入浴で基礎代謝アップ!

最近の研究で、炭酸入浴剤を使って入浴した際のエネルギー消費量(基礎代謝量)を調べたところ、さら湯での入浴に比べて基礎代謝量が増加することがわかりました。
実験では、被験者11名を、炭酸高浸透入浴剤での入浴(6名)とさら湯での入浴(5名)に分け、週に5日以上の入浴を4週間続けます。実験開始前、連続入浴を始めて2週間後、そして4週間後の基礎代謝量を測定したところ、炭酸高浸透入浴剤のほうがさら湯よりも基礎代謝量が増加するという結果になりました(グラフ参照)。

【炭酸高浸透入浴剤の基礎代謝に及ぼす影響】

【炭酸高浸透入浴剤の基礎代謝に及ぼす影響】

出典:花王

安静時基礎代謝に及ぼす炭酸高浸透入浴剤(40℃/10分、4週間使用)の効果を測定(呼気分析)
対象: 11名(33~54歳)
期間: 2010年12月~2011年1月(4週間)

>>睡眠不足だと太るってホント!?睡眠と肥満の関係とは

監修:中村格子先生

写真:Thinkstock/Getty Images

関連の悩み別記事を見る

代謝・脂肪・ダイエット

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2016年9月30日

    川嶋朗先生 読売新聞社「読売新聞(東京・大阪)」(シニア 疲れとれぬ・・・秋バテ注意)

  • 2016年9月19日

    ウーマンウェルネス研究会 テレビ宮崎「スーパーニュース Reらいふ」(今のうちから対策を「秋バテ」対処法)

最新記事