女性のライフステージに合わせた心と体の健康情報

からだケアレシピ

2015年11月30日

見た目年齢に差がつくのはなぜ?美肌作りの5つのコツ

見た目年齢に差がつくのはなぜ?美肌作りの5つのコツ

同じ年齢でも、若く見える人もいれば老けて見える人もいます。見た目年齢を決める重要な要素は肌の質ですが、差がでてしまうのはどうしてなのでしょうか?

血管力が見た目年齢を決める!?

見た目年齢を左右する肌の質。その肌を美しく保つのが「血管力」です。血管力とは、血管を柔軟に収縮・拡張できる力のことです。この力の違いによって、同じ年齢でも肌の質感に違いが生まれます。

血管力が高いと、身体の外の環境に合わせて血管が正しく収縮・拡張するため、血めぐりが良くなります。すると、肌に充分な栄養がいきわたり、バリア機能が正しく働くため、肌色のトーンが一定でキメが整い、ハリ(はり)、ツヤのある美肌になります。

逆に血管力が低いと、肌の代謝(ターンオーバー)のサイクルが乱れて外からの刺激を受けやすくなり、肌荒れや乾燥の原因に。

その結果、肌色のムラやくすみ、シワ(しわ)もできやすくなり、年齢を感じさせる肌になってしまいます。

血管力が低い人は肌が荒れやすい

(花王調べ)

>>血管力の低い人は肌荒れ&冷えに注意!解決のカギはクロロゲン酸

>>あなたの肌年齢は何歳?美肌レベルをチェック!

美しい肌になるための5つのコツ

毎日の生活の中でできるちょっとした工夫の積み重ねが、血管力を高め、美肌に導きます。すぐにでも始めたい5つのコツを紹介します。

① 自分の肌を知る

まずは自分の肌質を知ることが大切です。季節や体調によっても肌質は変わりますので、こまめに肌に触れて状態を確かめましょう。化粧品カウンターの肌チェックを活用するのもおすすめです。その上で自分にあったケアをしたり、季節や体調によって化粧品を見直したりすることも必要です。

② ひと駅分歩く

肌に大切な血管力を鍛えるためには、運動も大切。ジムに通うのもおすすめですが、日常の中でこまめに動くとより効果的です。自宅のひと駅手前の駅で降りて歩いたり、エスカレーターよりは階段を使ったりということを積み重ねていくと、適度な運動量になります。

③ 洗顔時は摩擦を避ける

メイクを落としたり洗顔したりするときは、肌の摩擦を避け、肌にやさしい方法で行いましょう。洗顔後は、タオルでゴシゴシ拭くのはNG。軽くおさえるように水分を拭き取ります。

④ 炭酸スキンケアを取り入れる

どんなに良い化粧品を使っても、血管力が低いと効果が出にくくなってしまいます。血管力を高めるためには、炭酸ガス入りの美容液を使うのもおすすめです。

⑤ 紫外線&乾燥は厳禁!

紫外線が肌の真皮層にまで達すると、コラーゲンなどでできた線維や細胞が破壊され、シワ(しわ)やたるみを引き起こします。また、乾燥によって水分量が減少すると、肌のキメが荒くなるのでくすんで見えたり、ハリ(はり)もなくなったり、シワ(しわ)の原因にもなります。保湿と紫外線対策は美肌の要です。

>>腸力&血管力アップがキモ!美肌をつくる栄養素とは?

監修:友利新先生

写真:Thinkstock/Getty Images

関連の悩み別記事を見る

スキンケア

更年期

温活

血めぐり

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2016年9月30日

    川嶋朗先生 読売新聞社「読売新聞(東京・大阪)」(シニア 疲れとれぬ・・・秋バテ注意)

  • 2016年9月19日

    ウーマンウェルネス研究会 テレビ宮崎「スーパーニュース Reらいふ」(今のうちから対策を「秋バテ」対処法)

最新記事