女性のライフステージに合わせた心と体の健康情報

特集

2016年4月13日

春に肌が荒れる人は7割! その二大要因は、「ストレス」と「紫外線」

春に肌が荒れる人は7割! その二大要因は、「ストレス」と「紫外線」

春に肌トラブルを感じる人は多いもの。今回は、春の肌荒れの症状と原因、その解決方法をご紹介します。

春の肌トラブルの原因は?

春の肌トラブルについて首都圏在住の20~50代女性(842人)に聞いたところ、春に肌のトラブルを感じる人は66.6%と、7割近い人が春になんらかの肌トラブルを経験したことがわかりました。(グラフ①)

169_1

具体的な肌トラブルの内容は、1位「乾燥」(49%)、2位「かゆみ」(48.3%)、3位「吹き出物」(28.5%)でした。とくに、「乾燥」と「かゆみ」を感じる人が半数近くにのぼることがわかりました。(参考:グラフⅠ)

169_6_cmyk

春の肌トラブルについて、皮膚科医で女性のスキンケアにくわしい友利新先生は、「ストレス」と「紫外線」をとくに注意すべき要因として挙げています。

【ストレス】

春は入学や入社、異動・昇進など生活環境の変化から、多くの人が「ストレス」を感じやすい季節です。調査でも、ストレスが最も多い季節は春(33.5%)という回答がいちばん多く(グラフ②)、ストレスを感じている人ほど、春に肌トラブルを感じる割合が高いという結果がでています(グラフ③)。

169_2 (1)

ストレスを感じている人の春の肌トラブルの有無

ストレスが自律神経に作用すると、交感神経が優位になります。交感神経が優位になると、血流が悪くなり、美肌のカギといえる“血管力”を低下させることがわかっています。

血管力とは、外部環境の変化(気温差、運動等)に応じて、血流を調節する能力です。血管力が低下すると、必要な酸素や栄養分が肌までいきわたらず、老廃物の代謝も低下するため、肌荒れが起こりやすくなります。

また、人はストレスや緊張を感じると肌や髪を触り、無意識に気持ちを落ち着かせようとしますが、それらは肌への刺激になり、肌のバリア機能低下にもつながってしまいます。

【紫外線】

4月~6月の紫外線量は意外と多く、UVA量は真夏とほぼ同じ量、UVB量は真夏の8割程度が降り注いでおり、注意が必要です。しかし、夏ほど日差しが強くなく、気温も過ごしやすい春は、つい紫外線対策を怠りがちになります

今回の意識調査でも、春の紫外線対策に気をつけている女性は16.9%と低く、とくに20代ではわずか6.7%と、紫外線に対する意識が低いことがわかりました。(グラフ④)

169_4

紫外線は、メラニン色素を生成し「シミ」や「日焼け」を引き起こすほか、コラーゲンやエラスチンを破壊します。これが、「シワ」や「たるみ」につながり、肌を老化させます。

また、春の紫外線に注意すべきもうひとつの理由として、“血管力”との関わりがあります。肌の角質には、紫外線を受ける量が多くなると、自ら厚みを増して肌を守るという、環境への適応力があります。しかし、「血管力」が低下するとターンオーバーがうまくいかなくなり、未熟な角質が出来てしまいます。すると肌のバリア機能が低下し、紫外線の影響を受けやすくなるのです

春は「血管力」を低下させるストレスを感じやすいだけでなく、紫外線対策への意識も低く、充分にケアされていないため、肌は二重のリスクにさらされているといえます。

”春荒れ肌”の二大要因

美肌の土台“血管力”チェック!

下記のリストで、血管力をチェックしてみましょう。

  • □ストレスを感じやすい
  • □手足の冷えを感じる
  • □疲れやすさを感じる
  • □寝不足である
  • □シミが増えてきた
  • □肩がこる
  • □肌のくすみを感じる
  • □肌の乾燥を感じる
  • □スマホやPCが欠かせない
  • □入浴はシャワーだけですませがち

5個以上該当 :血管力が低下している可能性大。美肌のため、すぐに血管力を高める対策をしましょう。

3~4個該当 :要注意。血管力アップで、より美肌に近づきます。

0~2個該当 :血管力低下の心配はありません。

>>美肌の土台となる「血管力」とは?

血管力をアップさせる方法とは?

血管力を高めるには、次の方法がおすすめです。

① 炭酸コスメや温冷パックのスキンケア

炭酸ガス入りのスキンケア剤を取り入れましょう。炭酸ガスが皮膚から吸収され、血管に作用することで、皮膚局所の血管力を高めることがわかっています。また、ホットタオルと冷凍庫で冷やしたタオルを1分ずつ交互に顔にのせる“温冷パック”は血管が拡張・収縮され、血行が良くなります。

② ゆっくりと深呼吸

ストレスや緊張を感じたら、ゆっくり深呼吸をしましょう。深呼吸をすると副交感神経が優位に働き、毛細血管にも積極的に血がめぐるようになります。息を吸うことより、はくことを意識するのがポイントです。パソコンやスマートフォンで1日中交感神経がオンの状態といえる現代、1日に1回は深呼吸でリラックスして副交感神経のスイッチを入れるよう心がけましょう。

③ 下半身を鍛える

運動による筋肉の収縮は、血管をやわらかくするため血管力アップにつながります。とくに、大きな筋肉がある下半身には効果的です。日ごろから、エスカレーターではなく階段を使う、通勤で一駅歩いてみる、1時間に1度はデスクから離れて立って歩くなど、こまめに歩いて下半身を鍛えるようにしましょう。

④ ぬるめのお湯につかる

入浴は、血管力アップはもちろんストレス発散にも効果的。熱いお湯は交感神経のスイッチを入れてしまうため、38~40度くらいのぬるめのお湯につかりましょう。水圧だけでも血管力アップに有効ですが、炭酸ガス入りの入浴剤も効果的です。

>>温活で身体も肌も「春のリセット」

春のUV対策のポイント

つい対策を怠りがちな春の紫外線対策を紹介します。

① 春の日焼け止めの選び方

日焼け止めは、日常生活であれば、SPF30以上で、PAが++(2プラス)ぐらいあれば充分。顔は自分が使う化粧品との相性を確かめ、外回りやお花見など、シチュエーションによってはSPFが高いものを選びましょう。

②日焼け止めを塗りなおすときのコツ

皮脂量が多いTゾーン、鼻やほお骨など顔の高い部分は、日焼け止めが落ちやすいところ。まずは、その部分の皮脂を乳液などで拭き取って、日焼け止めを塗り、さらにファンデーションを重ねましょう。時間のないときは、UVカット効果のあるファンデーションを塗り直すだけでもOKですが、2~3時間おきに塗り直すようにするのがおすすめです。

③日焼け止めにプラスしたい対策

日焼け止めは万能ではありません。基本的には、日焼け止めにプラスして日傘や帽子、サングラスの活用や、日陰を歩くなど二重、三重の対策が効果的です。

>>紫外線対策がカギ!春の肌荒れ予防のコツとは?

>>日焼け止めを塗り直すのはランチ前それとも後?日焼け止めの塗り方

>>室内でも8割、曇りの日でも5割!?知らずに浴びている紫外線

<調査概要>
調査方法 : インターネット調査
調査期間 : 2016年2月19日~2月22日
調査対象 : 20代~50代の女性842名
調査内容 : 春の肌トラブルに関する意識調査

監修:友利新先生

写真:PIXTA

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2016年9月30日

    川嶋朗先生 読売新聞社「読売新聞(東京・大阪)」(シニア 疲れとれぬ・・・秋バテ注意)

  • 2016年9月19日

    ウーマンウェルネス研究会 テレビ宮崎「スーパーニュース Reらいふ」(今のうちから対策を「秋バテ」対処法)

最新記事