女性のライフステージに合わせた心と体の健康情報

心と身体のキホン

2016年7月27日

代謝アップに新メソッド登場!「熱トレ」とは?

健康で若々しい身体をキープするためには、代謝アップが大切です。ここでは、少しの努力で毎日気軽にできる代謝アップ方法「熱トレ」をご紹介します。

代謝をあげる「熱トレ」とは?

人間は本来、自分で熱(エネルギー)を作り出す「熱産生」という機能を持っています。その「熱産生」の働きを高め、代謝アップを目指すのが「熱トレ」です。食事面と運動面からのアプローチで代謝を上げ、健康美を目指しましょう!

① 食事

管理栄養士浅野まみこ先生直伝の熱食材や代謝の上がる食べ方を紹介します。

>>【熱トレ 食事編】食べて代謝アップする効果的な方法とは?

1日の代謝や排出スイッチをオンにするためには、熱を作り出す食材を取り入れ、代謝の上がる食べ方をとり入れることが重要です。また、茶カテキンを継続的に摂取すると熱産生が高まり、脂肪を代謝する力が高まることについても解説しています。

② 運動

スポーツドクター中村格子先生直伝の、熱レベル別運動や日常生活で代謝を上げる工夫を紹介します。

>>【熱トレ 運動編】 代謝アップに効果的な運動と生活習慣とは?

呼吸の仕方や歩き方、入浴の仕方など、日常の生活習慣を少し見直すだけでも代謝アップにつながります。また、「ゆる熱トレ」「じわ熱トレ」「スゴ熱トレ」といった、熱レべル別の代謝を上げる運動を取り入れるのもおすすめ。激しい運動ではなく、軽く息があがる程度の強度で大きな関節、大きな筋肉を動かしましょう。

>>知っておきたい代謝の仕組み

代謝の低下をチェックリストで確認!

次の記事をチェックして、代謝が低下していないか、チェックリストで確認してみましょう。

>>当てはまる人は要注意!代謝が低い人の特徴とは?

当てはまる項目が多い人は、代謝が低下している可能性があります。

加齢による基礎代謝の低下

呼吸や心臓の動き、体温の維持など、安静にしている状態でも、身体は生命活動を維持するためにエネルギーを消費しています。この身体の活動が「基礎代謝」です。基礎代謝は、加齢により低下していきます。「食事の量は変わらないのに太ってきた」「昔の服が入らない」など、思い当たる人は代謝が低下しているのかも。代謝をアップさせ、食べても太りにくい身体を目指しましょう。

代謝の低下

>>理想の体型は26歳!?代謝をあげる新メソッド「熱トレ」で健康美を手に入れよう!

監修:中村格子先生

関連の悩み別記事を見る

代謝・脂肪・ダイエット

温活

血めぐり

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2016年9月30日

    川嶋朗先生 読売新聞社「読売新聞(東京・大阪)」(シニア 疲れとれぬ・・・秋バテ注意)

  • 2016年9月19日

    ウーマンウェルネス研究会 テレビ宮崎「スーパーニュース Reらいふ」(今のうちから対策を「秋バテ」対処法)

最新記事