【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

心と身体のキホン

2016年9月30日

美肌を目指すなら、見直すべきは「貯水力」

監修:花王(株)スキンケア研究所 次田 哲也

理想的な肌は、うるおって明るく、ハリのある状態。このような肌に近づくために、肌が本来もっている「生まれ変わり」の力を見直してみませんか?

理想の肌は「貯水力」に満ちている!

私たちの肌は細胞が重なり合った層状になっています。そのもっとも下にある細胞が成長しながら肌表面に持ち上げられ、最後にはその細胞が垢としてポロポロ剥がれ落ちます。肌の細胞が生まれてからはがれ落ちるまでのサイクルは約28日間。この生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)を正常にくり返すことで、肌は「貯水力(うるおいを保持する力)」に満ちた、理想的な状態を保っています。

トラブル肌になってしまう理由とは?

ところが、乾燥や紫外線など外部からの刺激によって肌がダメージを受けると、肌は早く回復するために、生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)を早めます。その結果、肌の下層でできた細胞が未熟なまま表面に上がってきます。未熟な細胞は貯水力が低いため、肌はカサついて荒れた状態になってしまいます。また、肌の生まれ変わりのサイクルの乱れは、肌のバリア機能も低下させてしまいがち。そうすると、乾燥や紫外線などの刺激を受けやすくなり、肌状態がさらに悪化するのです(図➀)。

角層断面図

 

貯水力たっぷりの美肌を取り戻すのにもっとも大切なのは、生まれ変わりのサイクルを正常化すること。それを外からサポートしてくれるのが月下香培養エッセンスです。

>>肌の生まれ変わりサイクルを取り戻す注目成分「月下香培養エッセンス」って?

>>美肌を手に入れるには、3つの「ない」を守ること?

関連の悩み別記事を見る

スキンケア

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2017年3月17日

    ウーマンウェルネス研究会 日本海テレビジョン放送株式会社「エブリワン」(エブリワン 健康相談室 今からはじめる紫外線対策 春に肌トラブルを感じたことがありますか)

  • 2017年3月13日

    ウーマンウェルネス研究会 (特)日本放送協会 NHK(松山)「ひめポン!」(ひめポン! ひめライフ“春の不調”の原因と対策  熱すぎないお風呂で1日の疲れを取る)

最新記事