【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

心と身体のキホン

2016年12月15日

【冬太り】年末年始の過ごし方をチェック!あなたは正月太りしやすいタイプ?

監修:医師、医学博士、健康科学アドバイザー 福田 千晶先生

おせちにお雑煮、新年会など、おいしい食べものの誘惑が多い正月。そんな正月明けに「身体が重い」と感じる人は約6割もいるという調査結果があります(※1)。また、「1年のうちでいちばん体重が重いのは、休み明けの1月6日」という調査結果もあります(※2)。自分が正月太りしやすいタイプかをチェックしてみましょう。

あなたは正月太りしやすいタイプ?

年末年始の過ごし方をチェックしてみましょう。あてはまる数が多い人ほど、正月太りしやすいタイプです。

<チェック項目>
  • 1. 正月は家事から解放されてラクラク!
  • 2. 年末に食料品を買いだめして、正月用の食べものをキープ。
  • 3. 睡眠不足を解消するために、正月は寝だめするチャンス!
  • 4. 寒いのは苦手。正月はできるだけ暖かい屋内で過ごしたい。
  • 5. おせちやお菓子など、正月は常に食卓に食べものが並んでいる。
  • 6. お雑煮ではお餅を2個以上食べる。
  • 7. 親戚や友達と会うたびに「乾杯!」する。
  • 8. ウインタースポーツや駅伝はテレビ観戦で充分。
  • 9. ゴルフやテニス、ジム通いなどの運動をする習慣がない。
  • 10. 帰省や旅行で、ターミナル駅や空港などの人ごみを通る。

いかがでしたか?チェックした項目について、下記の点に注意しましょう。

<注意点>

1・2家事や買い物では意外に身体を使っています。いつも通りに動かないだけで、運動不足の一因に。

3・4ずっと屋内にいたり、寝正月で過ごしたりすれば、運動不足で太ってしまうのは当然です。

5=食事の回数も間食も増えて、カロリーオーバー気味に。

6=小ぶりのご飯茶碗の場合、1膳のご飯=約170Kcal、餅1個=約120Kcal。餅は2個食べるとご飯1膳分より高カロリー。3個食べてしまうとご飯2膳分以上のカロリーになります。

7=お酒を飲めば食も進みます。ダラダラ食いは体重増加の大きな原因!

8・9=スポーツ好きな人にとっては長い休みは運動するチャンス。でもスポーツに関心がない人は長い休みの間、ずっと動かずに過ごすことも。

10=人ごみには風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどのリスクが。感染症にかかって体調を崩すと、身体を動かしたくても動かせません。

身体には、増えた体重をキープしようとする働きがあるため、正月太りしてしまった人は早めに対策を。

>>正月太り解消には、冷蔵庫の中身をリセットするといいって本当?

>>お正月の休み明けの「だるさ」と「眠気」を吹き飛ばす6つのテクニック

>>特集記事へ

※1ウーマンウェルネス研究会調べ
※2ドコモ・ヘルスケア調べ

関連の悩み別記事を見る

代謝・脂肪・ダイエット

冬太り

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2017年6月28日

    ウーマンウェルネス研究会 信濃毎日新聞株式会社長野本社「信濃毎日新聞」(連絡ノート ▼6割が梅雨時に不調 炭酸ガス入りの入浴剤を入れたぬるめのお湯にゆっくり浸かることを勧めている)

  • 2017年6月27日

    後藤英樹先生 ㈱光文社「女性自身」(温め&深呼吸で防げ!「夏ドライアイ」目の周りを温める)

最新記事