【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

心と身体のキホン

2017年3月6日

春はなんでイライラするの?春の不調の原因を東洋医学で解説

監修:統合医療医 東京有明医療大学 教授 川嶋 朗先生

春はなんで「イライラ」するの?春の不調を東洋医学で解説

ウーマンウェルネス研究会の調査では、「春に不調を感じる」人がなんと約9割。さらにその不調はメンタルから身体の各所まで、さまざまなところにあらわれるのが特徴です。春に起こりやすい心身の不調「春バテ」はなぜ起きるのでしょう? 東洋医学の視点を取り入れてみると、その理由がよくわかります!

>>春の寒暖差で約9割も「春バテ」!自律神経を整える春バテ解消法とは?

「これまで、春に感じたことがある不調は?」というアンケートのトップ10がこちら。眠りに関するものや精神的なもの、さらに肩こりや腰痛など身体的なトラブルまで、多岐にわたります。

【春に感じやすい不調ランキング】
  • 1位 昼間眠い
  • 2位 身体がだるい
  • 3位 イライラする
  • 4位 肩がこる
  • 5位 気分が落ち込む
  • 6位 ゆううつ感
  • 7位 倦怠感
  • 8位 目覚めが悪い
  • 9位 不安感
  • 10位 腰痛

>>緊張が原因? 春の“背面痛”「首こり・肩こり・腰痛」の原因と対策

春に起こる身体の不調の原因とは?

春の不調は「病院に行くほどじゃない」「どこで受診すればいいかわからない」などと、つい放置してしまいがち。でも、なぜこの時期の不調は、身体のあちこちに出たり引っ込んだりするのでしょう? 東洋医学の考え方を取り入れてみると、その理由がよくわかります。

東洋医学では、春といえば1〜3月ごろ。この時期は「風邪(ふうじゃ)」が悪さをする季節と考えられています。風邪は、風のように体内をかけめぐり、さまざまなところに不調を引き起こします。春の不調が1か所にとどまらず、あちこちに出たり、同時に多発したりするのは、このためです。

ちなみに、この時期に風邪(かぜ)を引きやすいのも風邪(ふうじゃ)のせいとするのが東洋医学の考え方。「風邪(ふうじゃ)は首から入りこむため、風邪(かぜ)の引き始めは首筋がゾクゾクする」といわれます。

心の春バテは、外出して解消を!

東洋医学では、春は「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」のひとつ「肝(かん)」の働きが活発になる季節ととらえます。「肝」はエネルギーや怒りを司る器官。そのためエネルギーが高まって、イライラしたりストレスを感じやすくなったりするのです。

イライラやストレスは、外に出て発散を。動物も植物も、冬にためこんだエネルギーを一気に使うことでぐんぐん成長していきます。人間も自然にならって、屋外で思い切りエネルギーを解放し、心も身体もリフレッシュさせましょう。

また、「肝」は血を貯蔵し、全身に送り出す器官とも言われます。ここがうまく働かないと、全身に送られるはずの血が滞ってしまうことも。炭酸入浴をしたり、蒸気が出るタイプの温熱シートを首やお腹に貼ったりして全身を温め、血めぐりを改善しましょう。

写真:PIXTA

>>いつのまにか身体がガチガチ…自分でも気づきにくい緊張を早めにほぐすコツ

>>春はストレスによる胃痛が多発!その原因と対策は?

>>春の寒暖差で身体がだるい!気温のアップダウンへの対処法

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2017年3月17日

    ウーマンウェルネス研究会 日本海テレビジョン放送株式会社「エブリワン」(エブリワン 健康相談室 今からはじめる紫外線対策 春に肌トラブルを感じたことがありますか)

  • 2017年3月13日

    ウーマンウェルネス研究会 (特)日本放送協会 NHK(松山)「ひめポン!」(ひめポン! ひめライフ“春の不調”の原因と対策  熱すぎないお風呂で1日の疲れを取る)

最新記事