【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

からだケアレシピ

2017年3月6日

春はストレスによる胃痛が多発!その原因と対策は?

監修:統合医療医 東京有明医療大学 教授 川嶋 朗先生

春はストレスによる胃痛が多発!その原因と対策は?

ウーマンウェルネス研究会の調査では、胃痛や胃もたれなど、春に胃の不調を感じる人が4割近くも!その原因のひとつはストレスかもしれません。なぜストレスによって胃が痛くなるのでしょう? その原因と手軽に取り入れられる対策とは?

ストレスで胃に不調が起きる理由

ストレスを感じると交感神経が優位になります。すると血管が収縮して血めぐりが悪くなり、胃に痛みを感じることもあります。それと同時に、交感神経の末端から分泌される「ノルアドレナリン」という物質によって白血球が増加し、「活性酸素」が大量に発生することで、胃粘膜を傷つけるなどのトラブルを起こすと考えられています。

春は、新生活がスタートする季節。出会いのチャンスも増えますが、新しい環境や人間関係によって、自分では気づかなくてもストレスや緊張を感じることがあります。それが原因となって胃に不調が起きているのかもしれません。

>>ストレスによる胃痛とおさらばできる?

ストレスがあるときに胃を元気にする4つの方法

胃の不調はつらいものですし、長引けば慢性化する恐れも。胃の負担を少しでも減らしながら、ストレス対策をして早めにケアしましょう。そのためにすぐに取り入れられる4つの方法を紹介します。

1:よく噛んで食べる

よく噛んで食べものを細かくすると、より消化しやすくなるため、胃への負担が軽くなります。また、噛むことで食べものと唾液が混ざると、唾液に含まれる「アミラーゼ」という消化酵素の働きで食事に含まれる栄養素が分解され、さらに消化しやすくなります。

2:抗酸化作用のある栄養素や消化酵素をとる

ビタミンC、E、ポリフェノールには抗酸化作用があり、活性酸素のダメージから身体を守るのに役立ちます。中でも緑茶に含まれる茶カテキンは抗酸化作用が優れています。また、ビタミンCが豊富なじゃがいももおすすめ。大根に含まれる消化酵素「ジアスターゼ」には消化を助ける働きがあります。

>>ブルーベリーの2倍以上!茶カテキンの抗酸化作用とは?

3:温かい食べものや飲みものをとる

胃が冷えるとますます血めぐりが悪くなり、不調を抱えた胃へのダメージが大きくなってしまいます。じゃがいもや大根などの野菜は、サラダよりも温かいスープやけんちん汁などにして食べましょう。

4 温熱シートなどで胃を温める

肌に直接貼れるタイプの温熱シートを胃の上に貼ることで、胃のまわりが温まって血めぐりがよくなり、痛みや不調を和らげる効果が期待できます。蒸気が出るタイプなら、熱をより深く広く身体に伝えることができます。また、炭酸入浴をすることで全身の血めぐりがよくなり、リラックスできます。

>>春の寒暖差で約9割も「春バテ」!自律神経を整える春バテ解消法とは?

>>春はなんで「イライラ」するの?春の不調を東洋医学で解説

>>いつのまにか身体がガチガチ…自分でも気づきにくい緊張を早めにほぐすコツ

>>緊張が原因? 春の“背面痛”「首こり・肩こり・腰痛」の原因と対策

>>春の寒暖差で身体がだるい!気温のアップダウンへの対処法

関連の悩み別記事を見る

ストレス・自律神経

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2017年4月26日

    ウーマンウェルネス研究会 ㈱埼玉新聞社「埼玉新聞」(“春バテ”不調9割)

  • 2017年4月25日

    ウーマンウェルネス研究会 ㈱神奈川新聞社「神奈川新聞」(■“春バテ”で不調9割)

最新記事