女性のライフステージに合わせた心と体の健康情報

特集

2016年2月3日

重症化しやすい冬の「冷えむくみ」は、温活による血めぐりケアで解消!

重症化しやすい冬の「冷えむくみ」は、温活による血めぐりケアで解消!

1年で最も寒さが厳しくなる時期、身体の冷えに悩んでいる人も多いのでは? 実は、冷えを自覚している人ほど、むくみを感じていることがわかりました。

冷えとむくみは関係していた!?

20~50代の男女862人にむくみについて聞いたところ、むくみの自覚者は女性で6割以上、男性でも約4割にのぼることがわかりました(グラフ①)。

むくみの自覚

さらに、冷えを自覚している人ほどむくみを感じている傾向にあり、むくみと冷えが相関関係にあることもわかりました(グラフ②)。

冷えを感じている人のむくみの自覚

今まで、むくみは女性特有の不調と考えられてきましたが、男女に共通した不調であることが浮き彫りになりました。

この結果について、健康科学アドバイザーの福田千晶先生は次のように述べています。

「特定の疾病によるむくみを除き、むくみは女性に多い不調というイメージが一般的でした。
しかし、ここ数年は、むくみの症状を訴える男性が多く見受けられます。とくに冬は、冷えによるむくみ症状『冷えむくみ』があらわれやすい時期です
寒い冬は、むくみの原因が複合的に重なるため、症状が深刻化しやすい『冷えむくみ』を感じる人が多くなると考えられます。」

>>深刻化しやすい冬の「冷えむくみ」。その原因と症状とは?

重症化しやすい「冷えむくみ」

【冷えむくみの原因】

むくみのおもな原因は、

① 血めぐりの悪化(冷え)

② 食事(塩分・水分過多)

③ 運動不足

です。とくに冬は冷えによるむくみ症状「冷えむくみ」があらわれやすい時期です。

「冷えむくみ」は、冬の足もとの男女のファッション傾向が影響していることが考えられます。

男性は冬でもズボン下を着用しない人が多く、自覚がないままに冷えて血めぐりが悪くなり、むくんでしまう場合があります。

一方、女性は靴下やタイツを重ね履きして靴やブーツを履くシーンが増え、足もとが圧迫されることで血めぐりが悪くなり、結果的にむくんでしまう人が多いと考えられます。

>>ブーツがきつい、靴選びに困る…冬の足むくみを取る方法とは?

【冷えむくみのメカニズム】

寒さが厳しい時期は、

寒くて運動不足になる → 血めぐりが悪くなる → 冷える → むくみはじめる → だるくて動かなくなる → さらにむくむ

といったスパイラル現象に陥りやすいもの。実態調査でも、冬にむくみを感じる人が62%と、1年の中で最も多いという結果になりました。

冬特有の「冷えむくみ」は、通常のむくみよりも症状が長引いたり重く感じたりすることが多いもの。そのため、解消しにくく、深刻化しやすいという特徴があります。

また、「冷えむくみ」を放置してしまうと、むくみが解消できないだけでなく、冷えも悪化し、免疫力も下がりやすくなる傾向があります。

※むくみの症状が出て、体調が優れない場合は、医師の診察を受けましょう。

冷えむくみのメカニズム

【冷えむくみの症状】

今回の調査では、男女でむくみを感じる部分はさまざまですが、とくに、ふくらはぎや足首など、足にむくみを感じている人が多い結果となりました(表①)。

むくみを感じる部分は個人差もありますが、一般的に、男性は靴や靴下のゴムをきつく感じるなど、物理的にむくみを感じることが多く、女性は“だるい”“重い”といった不快感とともに、見た目でむくみを実感する人が多いのが特徴です。

むくみやすい部位TOP5

「冷えむくみ」の解消法

症状が重症化しやすい「冷えむくみ」は、マッサージなどの部分ケアだけでは解消できない可能性も。大切なのは、まず“全身の血めぐりケア”をすることです。

【その① 炭酸入浴で血めぐりアップ】

全身を効率的に温めるには入浴が最も効果的。温浴効果をさらに高めるには、さら湯よりも炭酸ガス入りの入浴剤の使用がおすすめです。

お湯に溶け込んだ炭酸ガスの目に見えない細かい泡が、皮膚の毛細血管を拡張し、血めぐりが良くなります。炭酸の濃度は高いほど効果があります。

■血流量の増加

炭酸ガス入浴剤を使った入浴は、さら湯入浴に比べ皮膚の血流量が増加し、すばやく温まるうえ、湯あがり後も温かさが長続きします。

血流量の増加

■炭酸入浴の温まり効果

40℃のさら湯と炭酸湯で、それぞれ10分間全身浴をした後の足の温度の変化をサーモグラフィで撮影。その結果、さら湯よりも炭酸湯のほうが温まる結果となりました。

人口炭酸泉浴 皮膚温変化

■炭酸入浴による足のむくみ解消効果

入浴でむくみがどの程度改善するのか、利き足の足首まわりの長さを測定しました。

40℃のさら湯に5分間入浴した場合、利き足の足首まわりの長さ(むくみの程度を示す)は短くなりますが、同条件で人工炭酸泉に入浴した場合、さら湯に比べ足首まわりの長さが短くなる(むくみを改善する)ことがわかりました。

炭酸入浴による足のむくみ解消効果

(花王と武庫川女子大学の研究より)

【その② 温熱シートで血めぐりアップ】

大きな筋肉や太い血管が集中している体幹部分(お腹、腰、太もも)を温めると、効率的に血めぐり改善できます。蒸気がでるタイプの温熱シートなどを活用するのもおすすめ。蒸気をともなう熱は乾いた熱に比べて、身体の深部まで熱を伝えることができます。

>>あなたは座りむくみ?立ちむくみ?ふくらはぎのむくみを取るコツ

【その③ 冬の食材でむくみ解消】

カリウムを多く含む食材は、余分な水分を体外へと排出してむくみ解消に効果的です。

野菜…白菜、カブ、大根、ネギ、ブロッコリ

果物…ハッサク、イヨカン、リンゴ

【その④ ふくらはぎのポンプ機能をアップ!】

足に流れた血液を重力に逆らって押し上げてくれるのが足のポンプ機能。向上させるには……

①筋肉量を増やす…ジョギングやラジオ体操などの軽い運動を継続

②筋肉を効率的に動かす…スクワットやその場ジャンプ

以上に加え、ひざ、腰、ふくらはぎをほぐすストレッチも効果的です。

>>だるい、食欲が増す、むくみ…生理前の不調を解消するコツ

<調査概要>
調査方法 : インターネット調査
調査期間 : 2015年12月2日~12月4日
調査対象 : 20~50代の男女 862名
調査内容 : 「むくみ」に関する意識調査

監修:福田千晶先生

写真:PIXTA

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2016年5月10日

    ウーマンウェルネス研究会 テレビ東京「なないろ日和!」(5月の体調不良対策大作戦!!だるさの原因は春バテ!?)

  • 2016年4月15日

    川嶋朗先生 ベネッセコーポレーション「ひよこクラブ」(ひよこのポッケ News5月号 気になるあれこれ調べます♪ 子育てトピックス 産後ママの春バテのこと)

最新記事