【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

B:がんばりすぎタイプ

特徴

常にアクセル全開で仕事や家事をテキパキとこなすタイプ。緊張状態が続き、がんばりすぎてしまうため、心身の疲れに気付きにくいのが特徴です。リラックスモードに切り替えることが苦手で、休息が足りません。そのため、いつのまにか疲れが蓄積している、いつも手足が冷えている、寝つきが悪いといったプチ不調に悩まされることも……。

  • 冷え度:★★☆手足の冷え
  • 疲れ度:★☆☆疲れていてもがんばってしまう

がんばりすぎタイプにおすすめのケア

首温活

疲れがたまって元気がでなかったり、イライラしてしまったりするときには、温熱シートやホットタオルを使って首もとを温めるのがおすすめです。緊張が続くと交感神経が優位になりがちですが、首もとを温めることで副交感神経の働きが良くなってリラックスモードに。また、全身の血流も良くなり、冷えや疲れがやわらぎます。1日の終わりにはぬるめ(38℃~40℃)の炭酸入浴がおすすめ。炭酸ガス入り入浴剤を使えば、10分程度の短め入浴でも全身の血行が良くなり、身体の芯まで温まります。

>>首のこりは全身疲労の原因!?首温活で解消!

スケジュールに余白を組み込む

ついついスケジュールをびっしり詰め込みすぎてしまうこのタイプは、「木曜日の午後はフリータイム」というように、1週間に一度は予定の入っていない時間をキープしましょう。時間に追われるライフスタイルから脱出する工夫を。

腸内環境を整える

リラックスが苦手なこのタイプは、副交感神経の働きが悪くなりやすく、腸の働きも低下して便秘がちに。朝起きたらコップ1杯の水を飲んだり、朝食を欠かさないようにしましょう。腸の動きが活発になり、便秘解消につながります。また、温熱シートなどでお腹を温めるのも効果的。

>>首を温めると腸の働きがよくなる!?首のこりと腸内環境の意外な関係

>>全タイプはこちらをチェック!

結果をシェアする