【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

歯周病・むし歯・口臭の原因&予防まとめ

むし歯、歯周病、口臭など、気になる口内の健康。いつまでも健康な口内をキープするために、むし歯や歯周病、口臭などの原因と予防法を紹介します。

 

監修:歯科医 東京歯科大学 客員准教授 高柳 篤史先生

歯周病・むし歯・口臭の原因&予防まとめ

むし歯の原因&予防

むし歯は歯垢の中の細菌がつくり出した酸によって、歯が溶けてしまった状態をいいます。その原因と予防法を紹介します。

むし歯の原因&予防

むし歯の原因

むし歯の原因は歯垢中の細菌です。この細菌は糖分を栄養に歯垢を形成し、酸をつくり出します。むし歯はこの酸によって歯が溶かされる病気です。また、唾液の分泌が減少すると、歯垢がつきやすくなったり、歯垢のpHが酸性に傾いてむし歯になりやすくなったりします。

ページトップへ戻る

むし歯の予防

むし歯を予防するにはしっかり歯垢を落とす、酸から歯を守り強くするためのフッ素を活用する、自浄作用のある唾液の分泌を促す、ことが重要です。

ページトップへ戻る

歯周病の原因&予防

歯周病は、歯肉や歯根膜、歯槽骨など、歯を支える土台(歯周組織)がこわされてしまう病気です。40歳以上の日本人のおよそ8割が歯周病にかかっているといわれています。

歯周病の原因&予防

歯周病の原因

歯周病の原因は歯と歯肉の間に付着した歯垢(細菌のかたまり)です。歯垢中の細菌が出す毒素によって歯肉が炎症を起こした状態を歯肉炎、歯肉が長い間毒素にさらされて炎症が進み、歯周ポケットが形成されて歯槽骨が溶けてしまう状態を歯周炎といいます。歯肉炎・歯周炎(歯槽膿漏)など歯を支える土台(歯周組織)がこわされる病気が歯周病です。生活習慣によっても歯周病リスクが高まるので注意が必要です。

ページトップへ戻る

歯周病の予防

歯周病予防には、歯周病のサインを見逃さないことと、毎日のセルフケアが大切です。ここでは、歯垢を落とすブラッシング、歯垢をつきにくくするための唾液ケアを紹介します。

ページトップへ戻る

口臭の原因&予防

気になる口臭の原因とその予防法を紹介します。

口臭の原因&予防

口臭の原因

口臭の原因は様々ですが、健康な人でも朝起きたときや空腹時、緊張したときなど、一時的に口がにおうことがあります。また、むし歯や歯周病、鼻の疾患や胃潰瘍などの病気が原因の場合もあります。

ページトップへ戻る

口臭の予防

口内の健康と口臭予防に欠かせないのが、唾液のはたらきです。唾液がうまく機能することで解決できることもあります。また、むし歯や歯周病はしっかりと治療し、口臭の原因となる細菌を増やさないようにしましょう。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

美しい歯を保つケア

気になる歯のくすみの原因と、ツヤのある白い歯を保つためのケアを紹介します。

口臭の原因&予防

歯のくすみの原因

食品の色素による着色汚れや、歯の表面にこびりついた落ちにくい沈着汚れなどが原因で、歯のくすみは起こります。また、加齢により歯の内部の黄色い象牙質が透けて見えるようになるため、歯そのものが黄ばんでみえる場合もあります。

ページトップへ戻る

歯のくすみの予防

食品の色素による着色汚れをていねいな歯磨きでしっかり落とし、汚れの沈着を防ぐことと、唾液の分泌を促して口内を清潔に保つことが大切です。

ページトップへ戻る

話題のキーワードから探るオーラルケア

むし歯や歯周病などに関連するさまざまなキーワード。聞いたことはあっても、内容をよく知らないものも多いのでは? ここでは注目のキーワードについて紹介します。

話題のキーワードから探るオーラルケア

「唾液」

唾液は抗菌、免疫、消化など身体にとって重要なはたらきがあります。唾液が減少するとドライマウスや口臭、むし歯、歯周病などさまざまな口の悩みが生じます。

ページトップへ戻る

「歯ぐきのハレ」

歯ぐきは歯周病や疲労、ストレスの蓄積などによりハレることがあります。歯周病の初期段階に起こりやすい歯ぐきのハレは、自分では気づきにくいので注意が必要です。

ページトップへ戻る

「初期むし歯」

むし歯には痛みがなく、気づきにくいものがあります。一般的にむし歯といえば穴があいた状態を指しますが、見た目の変化がほとんどないのに、歯の内側からカルシウムなどのミネラルが流出した状態を初期むし歯といいます。

ページトップへ戻る

「六歳臼歯」

「六歳臼歯」とは、5~6歳のころに初めて生える永久歯。永久歯は乳歯が抜けた下から生えてきますが、「六歳臼歯」は今まで歯が生えていないところに新たに生える永久歯。生えていることに気づかず、むし歯になりやすいので注意が必要です。

ページトップへ戻る

「知覚過敏」

むし歯ではないのに、冷たい水や空気に触れて一時的に歯がしみる場合は「知覚過敏」の可能性があります。

ページトップへ戻る

「ドライマウス」

唾液の分泌量が減少し、口が乾いてしまうドライマウス。加齢やホルモンバランスの変化、ストレスに加え、薬の副作用などが原因としてあげられます。

ページトップへ戻る

「フッ素」

「フッ素」は歯が酸に溶かされるのを防ぐとともに、歯へのミネラルの補給を促し、健康な状態に戻す(再石灰化)はたらきがあります。

ページトップへ戻る

「キシリトール」

ハミガキに含まれるフッ素にキシリトールを組み合わせることで、歯の再石灰化を促進し、歯質を強化します。

ページトップへ戻る

「エリスリトール」

エリスリトールは、果実やキノコ、発酵食品に含まれている天然の糖質。歯周病の原因となる「細菌のかたまり」を分散させやすくする作用があります。

ページトップへ戻る

 

写真:PIXTA

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2017年6月28日

    ウーマンウェルネス研究会 信濃毎日新聞株式会社長野本社「信濃毎日新聞」(連絡ノート ▼6割が梅雨時に不調 炭酸ガス入りの入浴剤を入れたぬるめのお湯にゆっくり浸かることを勧めている)

  • 2017年6月27日

    後藤英樹先生 ㈱光文社「女性自身」(温め&深呼吸で防げ!「夏ドライアイ」目の周りを温める)