【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

秋バテの症状&原因と対策まとめ

だるい、疲労感が抜けない、食欲がない…などといった夏バテの症状が、秋になっても続く人が増えています。気をつけたい“秋バテ”の症状や原因、対策を紹介します。

pixta_17680735_M

秋バテの症状&原因

暑さがやわらぎ、過ごしやすくなるはずの秋になっても、夏の疲れの影響で身体のだるさや疲労、食欲不振などの不調を抱えている状態を「秋バテ」といいます。その症状や原因をチェックしてみましょう。

pixta_12396969_M

秋バテの症状

夏バテのような疲れやだるさが抜けない、身体が冷えて、肩こりや腰痛、胃痛に悩まされる……それは秋バテの症状です。

ページトップへ戻る

秋バテのタイプ

秋バテは生活習慣や体質、夏の過ごし方などによって、いくつかのタイプに分かれます。

ページトップへ戻る

秋バテの原因

秋バテの原因は、夏の高温多湿や紫外線の影響、さらに最近では冷房による冷えや内臓冷え、寒暖差なども挙げられます。

ページトップへ戻る

秋バテの対策

秋バテのだるさや疲れには、身体を温めることが有効です。また、秋の寒暖差などで乱れやすい自律神経を整えることも重要。手軽にできる方法を紹介します。pixta_11014164_M

①夏からできる秋バテ対策

「秋バテ」を防ぐには、夏の過ごし方がポイント。夏からできる秋バテ対策を紹介します。

ページトップへ戻る

②炭酸入浴で秋バテ対策

疲れがとれない、だるい…そんな秋バテの症状を解消するには、炭酸入浴が効果的。日常生活で取り入れられる、入浴による対処法を解説します。

ページトップへ戻る

③温熱シートで秋バテ対策

目もとや首もとを、心地よいと感じる40℃程度の蒸気で温めましょう。自律神経が整い、深くリラックスでき快眠につながります。また、冷えやすい部分には、肌に直接貼れる温熱シートの活用がおすすめ。冷えを感じたときに使えるよう、夏でも携帯しておくと便利です。

ページトップへ戻る

④体温調節で秋バテ対策

夏から秋にかけて、室内外の温度差や朝晩の寒暖差によって身体への負担が蓄積されると、秋バテの深刻化が懸念されます。上手に体温調節をして秋バテを防ぎましょう。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

写真:PIXTA

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2017年11月25日

    福田千晶先生 ㈱KADOKAWA「レタスクラブ」(冬の肩こり・腰痛にさよならしたい!それなら“血行をよくすること”が早道です 蒸気で心地よく温め)

  • 2017年11月22日

    川嶋朗先生 ㈱集英社「MAQUIA」(冷え解消100問100答 肩を温めるおすすめグッズは温熱ピローや温熱シート)