女性のライフステージに合わせた心と体の健康情報

夏冷えの症状&原因と対策まとめ

現代では、多くの女性が夏でも冬と同じように、冷えによる身体のダメージに悩んでいます。夏冷えの原因や効果的な対策を紹介します。

pixta_20291392_M (1)

夏冷えの症状&原因

暑い夏ですが、実は内からも外からも身体を冷やしてしまう機会が多いものです。普段から冷えが原因で体調を崩しやすい人は、夏冷えに注意が必要。まずは、夏冷えの症状や原因を知っておきましょう。

夏冷えの症状&原因

夏冷えの症状と原因

夏は暑さ対策で、知らず知らずのうちに身体が冷えていることが多いもの。その症状には、さまざまな種類があります。冷たい飲み物・食べ物による身体の内側からの冷えや、電車やオフィスなど冷房のもとに長時間いることで、夏冷えが起こります。

ページトップへ戻る

夏冷えの対策

暑さが厳しい夏ですが、夏冷えの対策もしっかり心がけ、夏冷えに負けない身体を作りましょう。誰でも簡単にできる方法を紹介します。夏冷えの対策

①夏こそお風呂で身体を温める

炭酸入浴剤を入れたお風呂に入ると、血流がよくなって、冷えた身体が芯から温まり、夏冷えしにくくなります。

ページトップへ戻る

②夏の冷えは部分温めで解消!

電車やオフィスなどの冷えが気になる環境では、冷え対策として肌に直接貼れる温熱シートをお腹や腰に貼るとよいでしょう。蒸気が出るタイプなら患部を深く温めることができます。

ページトップへ戻る

③温かい食べ物&飲み物で内臓を温める

暑いからといって冷たい物ばかりとっていると、内臓が冷えて身体の不調を招くことに。温かい食べ物や飲み物で胃腸を温めて、夏冷えを軽減させましょう。

ページトップへ戻る

④上手な服装選びで快適に身体を温める

室内外の温度差は、上着やインナーなど衣類で調整しましょう。また、汗で身体を冷やさないよう、着替えなどを用意しておくのもおすすめです。

ページトップへ戻る

写真:thinkstock、PIXTA