【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

「内臓冷え」の症状&原因と対策まとめ

夏に冷たいものをとり過ぎると、内臓が冷えてさまざまな身体の不調を招きます。その症状や原因、対策を紹介します。

「内臓冷え」の症状&原因と対策まとめ

内臓冷えの症状&原因

夏はビールやアイスクリームなど、冷たいものをとる機会が増えるため、内臓冷えが起こりやすくなります。その症状や原因をチェックしてみましょう内臓冷えの症状&原因

内臓冷えの症状と原因

胃腸などの内臓を冷やしてしまう内臓冷えは、胃腸の不調、だるさ、むくみなど、さまざまな不調を引き起こします。

ページトップへ戻る

内臓冷えの対策

夏に起こりやすい内臓冷え。その予防と解消法を紹介します。内臓冷えの対策

①食事や飲み物で解消!

意識的に胃腸を温めることで、消化活動がスムーズに。また、内臓冷えにより引き起こされる胃腸の不調やだるさなどといったさまざまな症状の軽減につながります。

ページトップへ戻る

②炭酸入浴で解消!

身体全体を温めることで、血めぐりがアップして、内臓の血流もよくなります。炭酸なら効率的に血めぐりアップ! 夜の炭酸入浴で冷えをリセットしておきましょう。

ページトップへ戻る

③暑い夏は部分的に温めて!

暑いと身体を温めたくはないもの。そんなときは、温熱シートでお腹や腰を部分的に温めるだけで、冷えによる不快感やだるさが和らぎます。

ページトップへ戻る

写真:thinkstock、PIXTA