【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

血めぐりが悪いと爪も割れやすいの?

Q

若い頃に比べて、爪がどんどん薄くなって、すぐに割れたり二枚爪になったりします。
こんな末端部分にある爪にも血めぐりは関係しているんですか?

(20代後半女性)

A
爪は皮膚が硬くなったもの。そして皮膚は、血めぐりと密接に関係しています!

皮膚が血めぐりと関係しているのなら、爪も血めぐりの影響を受けるのは当然のこと。

貧血の人は、爪がスプーン状に変形してくることがあります。なぜそのような形になるのか、理由はよくわかっていませんが、血が足りないと、爪の形を維持できなくなるようです。

漢方医学では、爪は、「肝」に関係しているといわれます。
肝臓は、血を貯蔵しておくところですから、やはり、血液とは関係があるということでしょう。それで、「血虚(けっきょ)」という、血が足りない状態だと、爪にも影響が出てきます。爪が薄くなるのか、割れやすくなるのか、人によって現れる症状が違うだけで、どちらもやはり血が足りていないからなのです。

 

では、健康な爪にするにはどうしたらいいのでしょう。
もし貧血の症状があるならその改善から始めましょう。その原因は鉄やビタミンの欠乏も考えられます。そして、食生活の栄養バランスにも気をつけること。

もちろん、血液そのものをきちんと作れることが大前提ですから、身体を冷やさないことも大切
皮膚と同じで、血めぐりが悪ければ、必要な物質が届きませんから、血めぐりをよくすることを心がけてください

爪は、だいたい半年で生え変わります。完全に健康な爪にするにはやはりそれくらいかかると思いますので、気長にケアをしていきましょう!

関連タグ

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2019年2月25日

    川嶋朗先生 株式会社ジネコ「jineko」(春の憂いを吹っ飛ばせ!ぬるめの炭酸入浴 蒸気で目元を温める)

  • 2019年2月8日

    久手堅司先生 NHK 日本放送協会「NHK首都圏ネットワーク」(NHK首都圏ネットワーク 大きな寒暖差・あなたは大丈夫?)

最新記事