【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

からだケアレシピ

2017年11月30日

【温活のコツ】首と腰がおすすめ!?効果的な温めポイント

監修:統合医療医 東京有明医療大学 教授 川嶋 朗先生

[今日からできる温活]効果的なあたためポイントを知ろう

毎日の生活に温活・血めぐりケアはどんどん取り入れたいもの。自宅やオフィスなどで手軽にできる、血流をよくする方法を紹介しましょう!

3つの温活・血めぐりケアのひとつ、「蒸気(スチーム)で温める」について、具体的にどんなポイントを温めると効果的なのかを解説します。

<血めぐりアップの温めポイント>

  1. 蒸しタオルなどで温める場所としておすすめなのが、首。まずここは熱の出入り口でもあるので、風邪気味でぞくっとしてきたら真っ先に温めてみてください。

    [首温活のすすめ]冷え・疲れ解消は「首」の温めが効果的

  2. とくに女性で生理痛に悩まれている方は、尾てい骨のすぐ上あたりを温めてみてくださいね。
  3. 二の腕の裏
    「私は手足もポカポカしているから冷え性じゃないわぁ」と思っている方、二の腕の裏を触ってみてください。…冷たくないですか?
  4. ひざの裏
    実は冷えていたりするのです。ここは血管が皮膚の表面近くを通り、血液が冷えやすくなっています。
    (湯船につかったとき、ひざの裏に触ってみてください。ひんやりしませんか?)
     ぜひここも温めてみましょう。

こうしてみると、「裏側」が多いですね。血行不良かな? と感じたら、ぜひ裏側に着目してみてください。

【温活の方法3】効果的に身体を温めるポイントは?
「温活」はじめませんか?効果的な3つの方法

関連の悩み別記事を見る

冷え性(冷え症)

温活

血めぐり

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2018年8月30日

    福田千晶先生 ㈱小学館「女性セブン」(あの手この手で夏バテ回復!血行促進には炭酸の入浴剤を)

  • 2018年8月23日

    坪田一男先生 ㈱産業経済新聞社「サンケイスポーツ(東京)」(Dr.サンスポ デジタル”危機”は太陽光で再起動 目を温めて休息を)

最新記事