【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報

からだケアレシピ

2018年9月25日

その疲れ、「脳疲労」かも。現代人に多い脳疲労の実態

監修:産業医、医療法人社団 同友会 産業医室勤務 大室正志先生

その疲れ、「脳疲労」かも。現代人に多い脳疲労の実態

毎日、寸暇を惜しんでがんばっているのに仕事が進まない……それってもしかして脳疲労のせいかも。脳疲労って何? 回復させるにはどうしたらいいの? 「ビジネスパーソンの疲れのスペシャリスト」である産業医の大室正志先生にうかがいました。

「脳疲労」が現代人の疲労の正体!?

現代人の疲労の正体は、交感神経が優位な状態が続くことによる慢性的な「脳疲労」。スマホやWi-Fiなどのモバイル環境の発達で、24時間どこでも仕事ができるようになったのがおもな原因です。少しでも時間があれば、スマホを取り出してメールをチェックしたり、情報収集したり……。常に脳がアクティブに活動していて、何も考えない“すきま時間”はほとんどありません。

人間の脳のスペックは、新人類が誕生したとされる20万年前からほぼ変わっていないのに、環境が劇的に変化したため、脳にはかなりの負担がかかっていると考えられます。一説には、現代人が1日に受けとる情報量は、江戸時代の1年分とも。これはまるで、バッテリー容量は増えないのに、アプリだけが増え続けるスマホのような状態です。

脳疲労先進地区「シリコンバレー式」の疲労回復法

脳疲労の状態では、効率よく質の高い仕事をすることはできません。では、脳疲労を回復させるには、どんな方法があるのでしょうか? 

世界で最もハードにパソコン作業を行っている、“脳疲労先進地区”ともいえるアメリカのシリコンバレーでは、ビジネスで高いパフォーマンスを発揮するために、今、1日8時間程度「しっかり寝ること」を心がけている人が増えているそう。それだけ睡眠が重視されているのです。

さらに、良質な睡眠をとるには、脳疲労の状態である「交感神経が優位な興奮状態」から、脳を休息させる「副交感神経が優位な状態」に切り替える必要があります。寝る前にぬるめのお風呂に入る、適度な運動をする、頭を使わず手だけ動かして集中する(大人の塗り絵や編み物、写経etc.)など、自分なりのリラックスタイムをもって脳の疲労を和らげましょう。

高濃度炭酸入浴が疲労回復におすすめ

日本には日本ならではのお風呂スタイル(湯船入浴)があります。なかでもとくにおすすめなのが、高濃度炭酸入浴です。

高濃度の炭酸ガス入りの入浴剤を入れると、リラックスできるぬるめのお湯でも末梢血管が拡張し、血流を促してくれるので、凝りかたまった疲れを芯から和らげることができます。しかも、体内の中心部分の温度である深部体温もしっかり上がります。深部体温が上がると、下がるタイミングで心地よい眠気が訪れるので、質のよい睡眠につながります。

さらに、継続的な高濃度炭酸入浴は、年齢とともに低下する自律神経の活動度をアップさせるというデータもあり、いいことずくめです。

疲れが取れない…その理由は週末の過ごし方に問題あり!?
疲れが取れない…その理由は週末の過ごし方に問題あり!?
手足が冷えて眠れない…質の良い睡眠をとる方法とは?
手足が冷えて眠れない…質の良い睡眠をとる方法とは?

写真:Thinkstock / Getty Images

関連の悩み別記事を見る

疲れ・だるさ

キーワードから探す

あなたの血めぐりは大丈夫? 血めぐりチェック

人気記事ランキング

インフォメーション

メディア掲載情報

  • 2018年8月30日

    福田千晶先生 ㈱小学館「女性セブン」(あの手この手で夏バテ回復!血行促進には炭酸の入浴剤を)

  • 2018年8月23日

    坪田一男先生 ㈱産業経済新聞社「サンケイスポーツ(東京)」(Dr.サンスポ デジタル”危機”は太陽光で再起動 目を温めて休息を)

最新記事